2012年07月24日

IIJの高速モバイル/Dで追加クーポンを買ってみた

数日前「イオンSIMからIIJ-SIMへ」という記事でIIJの高速モバイル/Dのミニマムスタート128プランを使いはじめたことを書いた。このプラン、128kbpsと非常に低速なのだけれど、同じように低速の日本通信のイオン限定SIMよりはレスポンスがいい。そして、1枚500円のクーポンをチャージすることで「下り最大75Mbps、上り最大25Mbps」に100M単位でスピードアップすることができる。数日IIJのSIMを使ってみて、履歴を見ると、だいたい1日の使用量が10Mぐらいになっている。これはこれでいいのだけれど、先週の土曜日、そうしょっちゅうはない出張がはいったのを機会に、一度、クーポンを買ってみようと思った。500円払ってもネットに繋ぎたいときはある。そういう感覚だ。
チャージはマイページからワンクリックで可能。即利用可能になるけれど、こうなると通信費がもったいない気がして自宅にいる間は自宅LANの無線につないでおいた。そして出張。あたりまえの話だけれど、普通につながる。テザリングでパソコンを使ってみると、普通に自宅や仕事先で無線LANを使っているのとまったく感覚的には変わらない。あまりにあたりまえすぎて書くネタに困るほど。ちなみに、使ったパソコンはもちろんUbunut。Ubuntuだからといってなにが変わるわけでもないのは、やっぱり書くまでもないあたり前のことだ。

ひとつ気づいたのは、チャージをして接続速度を早くしても、モバイルIPフォンの「一拍遅れる感じ」は改善しないことだ。イオンSIMからIIJのSIMに変えたときには明らかにタイムラグが減少したけれど、同じIIJでは回線スピードがアップしても変わらない。ここまでくると回線スピードの問題ではなくIPフォン独特の問題、もしくはIDEOS自体のハードウェアのショボさが原因なのだろう。

出張先で使うからとチャージしたわけで、この日の通信量は通常の10M程度よりも多く、16Mぐらいあった。けれど、出先でちょっとネットで検索する程度でこのぐらいなわけだから、特にハードな使い方をするのでなければ1回のチャージで数日はもつだろう。平常時であれば10日程度は使えそうだ。1ヶ月なら1500円。基本料と合わせて2500円だから、まあ安い部類かもしれない。実際にはたまにチャージするぐらいで実用上は十分かもしれない。

割といいプランのような気がしてきた。
posted by 松本 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

イオンSIMからIIJ-SIMへ

Ubuntuとはまったく関係のない話題なのだけれど、モバイル端末のSIMを変えたのでその感想を。

現在使っている端末は日本通信の(というかHuaweiの)IDEOSで、これに日本通信のイオン限定プランSIMの最安Aプラン980円也を差して使ってきた。通常の携帯を仕事用に回した関係で、こちらはプライベート携帯という位置づけで、当然通話にも使いたい。だから、IPフォンのプラン(月額490円)も同時に申し込んで使ってきた。

ただ、このイオンSIMは遅い。安いけれど遅い。いくらIPフォンでも通話に使うのには推奨されていなくて、実際、声が届くのにずいぶん時間がかかる。まるで30年前の国際電話のような時差を感じることができるシロモノだ。それだけでなく、Webページの表示が遅い。Twitterとメールだけならなんとかなるけれど、それ以上の使い方には相当に無理がある。Twitterとメール専用で使うことを想定したプランだといってもいいだろう。これで通話をしようという方が厚かましい。厚かましいけれど、サブの携帯だから、やっぱり通話や簡単なWeb閲覧ぐらいはやりたい。

8ヶ月前に使いはじめてからずっとそんなことを思ってはいたのだが、かなり遅耳情報で、IIJという接続業者がイオンSIMと同じような格安のSIMを出しているということを1ヶ月ほど前に知った。噂では、公称速度はほとんど変わらないのに体感速度ではIIJの圧勝だという。そこで、誘惑に負けてついついこちらの方に申し込んだ。調子がよければ乗り換えても、月額使用料はかえって安くなるほどだ。まあ、このぐらい安価になると初期手数料の3000円がかなりこたえることにはなるのだけれど。

さて、本日届いたIIJのSIM、早速差し替えて試してみた。その結果は、こんな感じ。 

  イオンSIM(プランA)
IIJ-SIM(ミニマムスタート128プラン)
IPフォン(日本通信のもの)
かなり時差がある
少しの時差がある
Skype
PCから端末への音声がほとんど聞こえない。
なんとか会話ができる。
Webページの表示
遅い
遅い。気のせいか、少しだけイオンより早い。
マップ
遅いが実用の範囲
遅い
メールやTwitter
問題なし
問題なし

意外だったのは、マップを使ったとき、イオンSIMの方が早かったこと。これは、日本通信のIDEOSでは画像の圧縮通信技術が採用されているからなのかもしれない。その他は、ほとんど差はないが、IPフォンの時差がいくらかマシになるのと、イオンSIMでは使い物にならなかったSkypeがどうにか使えそうだということが、ちがいとして大きい。少し迷ったけれど、マップよりも電話を使うことのほうが多いかなと思って、IIJへの乗り換えを決定した。もうひとついえば、IIJは追加料金を払って一瞬だけ高速にすることが可能になる。これはひょっとしたらこの先大きいかもしれない。
posted by 松本 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする