2012年06月29日

メモリ増設の効能とデュアルコアの威力

以前、クリップボードマネージャに困っているという記事で、低スペックマシンでGlipperがうまく動かずに困るというようなことを書いた。クリップボードの履歴を管理するユーティリティとして推奨されているClipitがUnity環境ではバグっぽい動作をするので、その代用としてGlipperを使うのがいい。ところが、このGlipper、メモリ1Gのやや低スペックなマシンではしょっちゅう落ちる。しかたないからUnityを諦めてXfce環境でXfceのClipmanを使うことにしたというのが、一連の記事の流れだった。

ソフトウェア的な話としては以上で全てなのだけれど、出先で使っているこの低スペックマシン、他所の機械に細工をするのは申し訳ないのだけれど、勝手にメモリを増設させてもらった。わずか二千数百円、1回飲みに行けば消えてしまうほどの金額で仕事が快適になるのなら、そのぐらいのことはさせてもらいたい。増設の簡単な機種だったので、空きスロットを活用して合計2Gのメモリにアップグレードした。

さて、そうやってメモリに余裕ができてみると、特にXfceでなければならない理由はないような気がしてくる。そこでUnityに戻ってみると、以前よりも動きに余裕がある。そして、Glipperが落ちなくなった。十分に使える。

やはり、メモリを十分に積むことは、現代的なOSを使う上では重要なのだなあと改めて実感した。

もうひとつ感じるのは、やはりデュアルコアは意味があるのだなあということ。というのは、この低スペックマシンはPentiumのシングルコアのプロセッサを積んでいるのだけれど、同じオフィスの隣のマシンには発売時期としては大差ない(したがってスペック的にも大差はない)と思われるCeleronのデュアルコアのプロセッサが積まれている。ところが、同じUbuntuを使ってみると、デュアルコアのマシンのほうが圧倒的に快適だ。システムモニタを見ながら作業していると、その原因がよくわかる。通常のオペレーションではシングルコアでもデュアルコアでも特にちがいは感じないのだけれど、何かの都合で(その現場では特にネットワークの都合であることが多いが)プロセッサの利用が100%で天井にはりついてしまうようなとき、シングルコアのマシンでは処理が著しく遅くなる。ところがデュアルコアでは両方が占有されてしまわないせいか、そういった処理中でも特に不自由を感じることなく別のオペレーションを続けることができる。これは大きい。

Ubuntuは、古いマシンを復活させてくれる。これは正しい。たとえばVistaが搭載されているマシンや長期間使い続けたXPマシンにUbuntuをインストールすると、その軽快さに驚かされる。けれどまた、スペックの低いマシンではそれなりの動作しかしないのも事実だ。やっぱりスペックの高いマシンほど快適なことに変わりはない。デュアルコア、メモリ2Gはやっぱり欲しいよなあと、Ubuntuを使いはじめた頃なら信じられないような贅沢を思うこの頃だ。

posted by 松本 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

Ubutnuプロモーションのための資料

ちょっと考えるところがあって、企業向けにUbuntu導入をプロモーションするための資料をつくった。日本人向けには本当はパワポのスタイルで俵とかイラストを多用した資料がウケるとはわかっているのだけれど、個人的にはああいう中身のないスタイルは読んでいて疲れるだけなので、文字中心のPDFにした。こちらにまとめてある。

Ubuntu導入を考えている企業のために

これまでもっぱら個人利用の視点に立ってUbuntuについて書いてきたのだけれど、昨年から今年にかけて複数の企業に出入りして仕事をする機会があった。そういう場所でも、いや、そういう場所だからこそUbuntuがより役立つことを痛感した。トラブルの多いパソコン運用をしている仕事場が多いのを見て、「Ubuntuを導入すればもっと楽になれるのに」と何度も思った。

私は個人利用とはいえ、個人事業主ということもあって、Ubuntuが仕事に使えることを十分に知っている。けれど、Windowsがお仕着せで与えられる企業の内部にいては、Ubuntuのポテンシャルは気づかないかもしれない。あるいは気づいても、それを企業内で提案していけるだけの時間も余裕もないかもしれない。それならば、そのポテンシャルを十分に知っている私が、提案書とまではいかなくとも、提案書を作成する上でのたたき台や添付資料ぐらいには使える文書を用意するべきではないかと思った。

そういう狙いがあるから、文書は5つに分割した。どれを使っても、どれを使わなくても、それぞれのケースに合わせて活用してもらえると思うからだ。もしも自社内でUbuntuを使いたいと思う方がいらっしゃったら、周囲の説得のためにぜひこの資料を有効活用していただけたらと思う。もちろん、不十分なところはどんどん補足していただければ幸いである。
posted by 松本 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

Clipmanを使いたいのだけれど…

昨日、クリップボードマネージャに困っているという記事で、「xfce4-clipmanの説明には「システムトレイがあればXfce Panelでなくても使える」と書いてあるので、なにか工夫すればこれがUnityで走るのかもしれない。」と書いた。その手がかりを求めて公式サイトに行ってみると、「Clipmanにはxfce4-popup-clipmanというコマンドがある」と書いてある。xfce4-clipmanが起動している状態でこのコマンドを叩くと、クリップボードの履歴が表示される。公式サイトにはショートカットキーに仕込んで使うように書いてあるけれど、これをUnityのランチャーに仕込めばXfceのパネルでClipmanを使うのとほぼ同じ使用感覚が得られるだろう。これはやってみる価値がある。

ただ、UnityのランチャーはGnomeパネルやXfceパネルのランチャーとちがって、任意のコマンドを仕込むことができない。そこでまずデスクトップランチャーをつくることにした。これもUnityのUIからはできないので、いったんXfceでログインしてxfce4-popup-clipmanを仕込んだランチャーを作成。次にこのデスクトップランチャーをUnityのランチャーにドラッグして登録。そして最後に、Unityの「自動起動するアプリケーション」にxfce4-clipmanを仕込んだ。ログアウトして再ログインすると、xfce4-popup-clipmanのアイコンをクリックしたときにクリップボードの履歴が表示されるようになる。これはいい。

XfceのパネルのアプレットをこんなふうにしてUnityで使うのに成功した! と喜んだのも束の間、次にxfce4-popup-clipmanのアイコンをクリックしたときには、もう履歴は表示されない。おかしいなと思ってシステムモニタで調べると、xfce4-clipmanが起動していない。これはいけないと再度起動してシステムモニタで見ると、一応動いている。そして履歴も表示される。けれど、しばらく使うとまた使えなくなる。システムモニタで見ると、またも落ちている。

原因は不明だけれど、どういうわけかxfce4-clipmanはUnity環境に常駐してくれない。常駐させる方法がわからない。これはUnity 2Dでも同じだ。

ということで、残念ながらClipmanは使えない。幸い、スペックがまともなメインマシンではGlipperの調子がいいので、これを使い続けることにしよう。そして、出先で使う低スペックマシンは、Xfce環境で使うことにしよう。せっかくの最新のデスクトップ環境が利用できないのは悔しいけれど、調べてみたらUnityよりもXfceの方が素のままの状態で2割ほどメモリの消費量が少ない。低スペック環境ではこれは大きいから、そういう意味でもXfceでClipmanというのがよさそうだ。
posted by 松本 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

クリップボードマネージャに困っている

テキストをコピー(またはカット)したとき、その文字列情報はクリップボードに保管される。このクリップボードの履歴を管理するソフトはむかしからあって、私の場合は90年代にMacを使っていたときに出会ったのが初めてだった。これはなかなか便利なので、Linuxでもないかと思っていたらちゃんとある。最初に何を使っていたのかはもう覚えていないが、3年前からはxfce4-clipmanを愛用してきた。これはXfceのパネルに表示されるクリップボードマネージャで、シンプルで扱いやすい。これが手に馴染むと、もう手放せなくなる。履歴を呼び出すだけでなく、コピーしたテキストの属性(フォントやスタイルの指定)をクリアする用途やテンポラリーなバックアップにも活用してきた。たとえばブログを書いている途中でCtrl+A、Ctrl+Cと続けて押すと、それまで書いたテキストがクリップボードに保管される。これを頻繁に行えば、書きかけでうっかりブラウザを閉じてしまうような事故を起こしても、コンテンツが失われることはない。

手に馴染めば馴染むほど手放せなくなるのがこのクリップボードマネージャなのだけれど、Unity環境ではxfce4-clipmanは使えない。むかしPerceliteというのをごく短期間使ったことがあったけれど、この系統のフォークでClipitというのがUnityに使えるというので、それをインストールして使ってきた。だが、少し不満がある。

というのは、ときどきコピーした文字列が「空のラベル」としか表示されない。それだけでなく、表示がおかしくなって、表示されている文字列と実際にクリップボードにある文字列がズレてくることがある。これでは使いにくいので、なにか代用になるものがないかと思っていた。同じようなことは誰も思うようで、Glipperを勧めるスレッドがあったので、早速Clipitをアンインストールして、こちらを入れてみた。

使ってみると、確かにClipitで感じた不都合は生じない。感覚的にはxfce4-clipmanと同じように使える。よし、これで一件落着かと思ったら、それは比較的スペックがマシなパソコン上でのことで、少し古くてスペックの低いパソコンを使っていると、これがしょっちゅう原因不明に落ちる。どうもメモリが足りないと、何かがわるさをするようだ。これでは困る。

ということで、正直言って現在、クリップボードマネージャには困っている。Clipitのバグも、どうもClipit自身のものというよりはUnityとの相性問題らしいので厄介だ。というのは、このClipit、Xfce環境でも作動するのだけれど、Xfce環境ならちゃんとラベルが表示される。皮肉なものでXfce環境なら使いやすいxfce4-clipmanがあるのでClipitは不要になる。Unityできちんと動くものが欲しいのに、低スペックマシンではそれが手に入らない。

xfce4-clipmanの説明には「システムトレイがあればXfce Panelでなくても使える」と書いてあるので、なにか工夫すればこれがUnityで走るのかもしれない。それがわかるまで、しばらく悩める日が続きそうだ。

posted by 松本 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

UbuntuでOffice 2010を使うときの注意点(備忘)

先程「Wineは進化していた - UbutnuでWord、Excel 2010」という記事でWine上でOffice 2010を使う話を書いたが、いくつか備忘のためにメモをしておく。

まず、試用版をダウンロードしてインストールしたのだけれど、これはWindows Liveのアカウントが必須になる。以前にアカウントはとっていたのだけれど、どのメールアドレスで登録していたか思い出せないし、面倒なので新規登録。その上でダウンロードするのだが、通常のダウンロードボタンを押すとダウンローダーがダウンロードされる。これは軽量だが、Wineではうまく動作しない。そこで、「64bit版のダウンロード」というリンクを押すと、こちらに「32bit」のダウンロードボタンがある。これをクリックすると、フルサイズのインストーラーがダウンロードされるので、これを使う。

インストールは、古い.Wineの上にインストールしようとしたらエラーになってしまった。そこで古いプロフィールを削除(リネーム)して、Wineのプロフィールを作り直す格好で新規インストール。インストールはすべてデフォルトで進めたらうまくいった。ひょっとしたらこれはWineとともにインストールされているWineTrickを使ったほうがうまくいったのかもしれない。このあたりは次回の検討項目だ。

試用版なので、起動後には購入ページへの誘導がかかるが、これはescキーで消すことができる。

重要なのは、WordもExcelも、終了してもプロセスそのものは残ってしまうこと。そして複数回起動すると、同じプロセスが複数起動してしまう。面倒でも、いちいちシステムモニタからプロセスを終了させてやる必要があるようだ。

とりあえずいま気づいたところはそんなところ。まだこのネタは今後もありそうだ。
posted by 松本 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wineは進化していた - UbutnuでWord、Excel 2010

Ubuntuを使っていて「便利だなあ」と思うことはあっても、不便を感じることはほとんどない。便利だと思うのはなんといってもオープンソースのアプリケーションを使い放題ということで、これは単純に無料だというだけでなく、統合されたパッケージ管理システムのおかげで欲しいアプリを見つけるのも、それをインストールするのも、なんの手間もいらないということが大きい。これがWindowsだと、ネットを検索して適当なフリーソフトを見つけて導入することになるのだけれど、それが本当に使えるのか、怪しげなものでないのかなど、だれも保証してくれない。もちろんすべてが自己責任のLinuxの世界でもだれも保証してくれるわけではないのだけれど、公式リポジトリに入っているものはそれなりに信用できる前提で進めてかまわないと思う。仮にそれがうまくいかなくても、アンインストールはいつでも可能だ。それがUbuntuのパッケージ管理システムの楽なところだ。

と、「便利なところ」にやたらと力がはいってしまったが、「不便なところ」がまったくないわけではない。そのひとつがWindowsとの互換性だ。もともとWindowsが存在しなければこんな互換性に悩むこともないわけだけれど、Windowsの普及がなければ現在の姿のパソコンもないわけで(もちろんその前にMacだとか、さらに先駆的なものもあるわけで、つまりは歴史を塗り替えることなどできないということであって)、世の中の大半を占めるWindowsパソコンとのデータのやり取りで不自由するようではやっぱり困る。

この問題は、私がUbuntuを使いはじめた頃には非常に大きかった。現在ではそれほど困ることがないのは、いくつかの要因がある。まずひとつは、何でもかんでもインターネットの時代になって、相対的にマイクロソフト独自仕様のフォーマットへの依存度が下がったこと。Webアプリではそもそもローカルに保存するファイル形式で悩む必要はない。問題の核心がブラウザの互換性に移り、OSの互換性はあまり重要でなくなった。要はFirefoxの最新版が動けばそれでいいわけだ。

もうひとつの要因は、Macの復活、そしてiOSやAndroidを搭載したモバイルデバイスの急速な普及だ。「世の中Windowsだけじゃないよ」というのが、常識的に受け入れられるようになってきた。「ウチのパソコンでは見れないんですよ」といっても、「ああMacですか」で通じてしまうようになった。これはMacのシェアがどん底にまで落ち込んでいた2000年代前半には想像もできなかったことだ。

そして、OpenOffice、後にLibreOfficeの開発陣のMS Office互換性に対する執念みたいなのも、忘れてはならない要因だ。OpenOfficeが出回り始めた2000年代前半には、MS Officeの.docファイルや.xlsファイルが読めるといっても、それは中身のテキストが判読できる程度のことでしかなかった。レイアウトの崩れはふつうで、ときにはテキストさえまったく隠されてしまって読めないことさえあった。もっとも当時のMS Officeも相当ひどいもので、編集を繰り返しているうちに原因不明にファイルサイズが増大していく(そしてそれに伴って壊れやすくなる)なんて傾向まであった。それはともかくも、OpenOffice(Libre Office)のMS Office互換性はバージョンアップごとに進化して、いまではレイアウトの崩れも単純にデフォルト値のちがい程度の、原因がほぼ特定できるケースがほとんどとなった。Windowsとの互換性で最も頻発するのがOfficeソフトのファイルのやり取りなので、これはありがたい。

それでも、MS OfficeのファイルをUbuntuで、LibreOfficeを経由せずに読みたいときはある。いくら互換性が高まったとはいえ、LibreOfficeでMS Officeのファイルを開くのは基本的にインポートなのだから、「ひょっとしたらWindows上では違って見えるのではないか」という疑念が常にまとわりつく。そして、それだけを確認するためにいちいちWindows環境を立ち上げるのも面倒だ。

ここで役立つのはWineだ。そして、Wineさえあれば、マイクロソフト純正のソフト、Word Viewer、Excel Viewer、PowerPoint Viewerの3つのビューワをUbuntu上で動作させることができる。PPTに関してはUbuntuのリポジトリにも収録されている。これらは純正のソフトだから、フォント環境さえWindows環境に合わせておけば、ほぼWindowsで見るのと同じレイアウトがUbuntu上で再現される。ということで、ずいぶん前からこの3つのビューワにはお世話になってきた。

ただし、これらも完全ではない。というのは、これらのビューワは基本的にOffice 2003ベースであって、その後のOffice 2007や2010のファイルは苦手とする。もちろん、Office 2003で2007や2010のファイルが読めるのと同じようにコンバータを介してたいていは問題なく読めるのだけれど、特にPowerPointの読み取り、さらにExcelのxlsx形式のものの一部で再現性が低下したり、読み込めなかったりするケースがある。これはあまり嬉しくない問題だ。

だったらOffice 2007や2010をUbuntuにインストールすればいいのだけれど、以前これはうまくいかなかった。曖昧な記憶だけれど、インストーラーが途中で落ちてしまったのではないかと思う。それを回避する方法もどこかに書いてあったけれど、難しそうだった。

ところが、今日、ふと思い立ってOffice 2010(とりあえずは試用版)をインストールしてみたら、うまくインストールができる。そしてちゃんと起動する。

まだあまり使っていないが、いちばん良さそうなのはExcelで、Wordはファイルを開く際になにかバグがあるようだ。PowerPointは残念ながら起動しない。なにか工夫が必要なのかもしれない。

基本的にはビューワとして使えればそれでいいので、このまま試用版を使ってもいいと思う。試用版は期限が切れたら、ビューワとして使えるとMSの公式サイトに書いてあるからだ。あるいは、「Windows のバージョンに関わらず、1 台のパソコン(メイン PC)と、持ち運び用のパソコン(携帯用デバイス)の 2 台にインストールできます。」と公式サイトに書いてあるので、Ubuntuを「持ち運び用のPC」と解釈して(ハードウェア的にもモバイルだし)、他のライセンスのものをインストールしてみてもいいかもしれない。このあたりはまだ迷っているところだ。

いろいろと機能的な不具合もありそうなのでUbuntuでMS Officeをバリバリ使うというのは考えられないが、互換性チェックにはこれで十分かもしれないと思った。
posted by 松本 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

やっぱりWubiは遅い?

前回のエントリ(そういえばUnityはCompizだった)で、古いXPマシンにWubiでインストールしたUbuntuがどうにも遅いという話を書いた。どうも3Dアクセラレーションが効いていないようなのでXfceで使ってみようと思っていたのだけれど、処理速度だけではない問題も出てきた。具体的にはいくつかのパッケージがインストールできない。Google Chromeやプリンタドラバが依存関係ではねられる。エラーメッセージを見る限り依存関係はクリアしているはずなのに、「キャッシュが壊れています」みたいなエラーで進まない。再インストールとかやってみても同じ。

そうこうするうちに、Wubiの仮想ハードディスクの容量が足りなくなってきた。これは最初にインストールしたときの見通しが甘かったわけでいってみれば自分のせいなのだけれど、どうにか対処しなければならない。調べるといくつかの方法があるようだが、確実な方法でやるならインストールCDが必要になるようだ。そこまでやるんだったら実機にインストールしてしまえと、ハードディスクを整理して空きスペースをつくり、インストールした。

すると、驚いたことにUnityがちゃんと動く。XPと比べても遜色ない軽快さだから、モダンなOSとしてこれは素晴らしいのではないだろうか。そして問題だったChromeやプリンタドライバのインストールもうまくいく。結局、マシンの問題ではなく、Wubiの問題だったようだ。

以前にも何度かWubiは使ったことがあるけれど、実機とそれほどの差が出た経験はなかった。機械の相性なのかバージョンの問題なのか、こういうことがあるんだなあと、改めて実感したことだった。
posted by 松本 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする