2012年03月22日

Inspiron mini 12にPrecise Pangolinをインストールしてみた

もう10日ほど前になるのだけれど、次期Ubuntu 12.04のPrecise Pangolinをリタイア中のDell Inspiron mini 12にインストールしてみた。このマシン、1年ほど前に友人に引きとってもらう約束をしていたのだけれど、去年は本当にいろいろあった年で、結局その約束はキャンセルになってしまった。そこで、間もなく小学校4年生になる息子に初めてのPCとして渡そうかと計画し、クリーンインストールを試みたわけだ。

Ubuntu を使うことはほぼ既定ではあったのだけれど、どのバージョンにするかは実のところちょっと悩んだ。このマシン、ハードディスクが死んでいるので、外付けのUSBメモリにインストールすることになる。去年の5月に4GのUSBメモリにインストールしたときには(「Inspiron mini 12をUSBメモリで復活」)、10.04で成功した。言い換えれば、その段階での最新バージョンである11.04ではうまくいかなかった。さて、こんどはどうするかということだ。

ここで参考になるのが、Ubuntu 公式のPoulsboドライバのページだ。かつてPSBドライバを苦労して導入した頃とはうって変わって、GMA500には、EMGD driver、PSB-GFX driver、PSB driver、IEGD driverという4つの選択肢が用意されている。ただ、厄介なのは、それぞれのドライバによって対応できるバージョンが変わってくることだ。私が知っている伝統的なPSBドライバは、ネイティブでは10.10までしか対応しない。カーネルのダウングレードでどうにか11.04が対応するという時代遅れの代物になりつつある。IEGDドライバはさらに時代遅れで9.10のみの対応。EMGDドライバは2D、3Dだけでなくビデオアクセラレーションも使えるという優れものだけれど、ネイティブで対応するのは10.10のみで、それ以後はカーネルのダウングレードが必要になる。将来性を考えれば12.04がネイティブで対応するPSB-GFXドライバなのだけれど、これは2D機能しか対応しない。

ここはかなり悩んだ。悩んだけれど、結局は将来性にかけることにした。EMGDドライバなら、追加インストールせず、ドライバが12.04にもともと組み込まれているという。ということで、Ubuntu のバージョンも12.04 Precise Pangolinに決定。ちょうど最新版を追いかけるのいいタイミング、ベータ版が出たばかりということでもあった。
続きを読む


posted by 松本 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。