2011年09月03日

sk1とuniconverter

以前、Ubuntuのリポジトリにはベクター系のグラフィックソフトとして定番のInkscapeのほかにSkencilというのがあった。いつの間にか見なくなったなあと思っていたのだが、どうもプロジェクトがあまり進展していないらしい。その代わり、sk1というフォークがあって、むしろこちらのほうが活発らしい。AdobeのIllustratorの代替ソフトとしてかなりいいセンをいっているらしい。公式サイトに.debファイルが用意されていたので、インストールしてみた。こちら。

http://sk1project.org/modules.php?name=Products&product=sk1&op=download

ちょっといじってみた。以前はほとんどInkscapeと同じような印象しかなかったのだけれど、だいぶ別の方向に進化している。プラグインやフィルターが充実してきたInkscapeに比べてそのあたりはシンプルで愛想のない感じだけれど(プラグインはメニューではなくプラグインブラウザというので表示されているが、これがよくわからない)、強みはCMYKを扱えることだ。

InkscapeはほとんどIllustratorの代用になるのだけれど(というか、私はずっと代用として使ってきているけれど)、惜しいことにはCMYKにデフォルトで対応していない。先日、久しぶりにオンデマンド印刷を使う機会があってカラー原稿を入れたのだけれど、RGBデータだったから少しくすんでしまった。あまり品質にシビアな仕事ではなかったので問題ないといえば問題なかったのだけれど、やっぱりできることならCMYKに変換して入れられるようになっておきたい。ということで、InkscapeでCMYKに変換するプラグインを探していたら、ごく簡単に見つかった。それが、こちら。

http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/ExportPDFCMYK

ところが、これがうまく走らない。エラーメッセージで「処理ができませんでした」みたいに空振りをする。どうもuniconverterというプログラムがうまく走らないようで、それについて調べていたらsk1に行き当たったというわけだ。

実は、sk1は最初からプリプレスを意識したプロジェクトらしい。だからAdobeのIllustratorのファイル形式やCorel Drawのファイル形式を扱えるようなトランスレータを開発した。それがuniconverterというわけだ。

Illustratorは、最近のバージョンからこのuniconverterを組み込むようになっている。そして、どうやらその整合性がうまくとれていない。しばらく前のバージョから発生しているコピー時にエラーメッセージが出る問題は、このuniconverterの不備から発生しているらしい。

ということで、InkscapeのCMYKのプラグインを動かすと同時にコピー時のエラー解決ができないかと、uniconverterの最新バージョンをsk1のプロジェクトページからダウンロードしていれてみた。

http://sk1project.org/modules.php?name=Products&product=uniconvertor&op=download

けれど、効果なし。というか、エラーメッセージの種類が変わっただけで、コピー時のエラーメッセージは出るし、CMYKのプラグインもうまく走らない。やっぱりこのあたりは、正式にバグが解決しないと、私レベルではどうにもなりそうにない。ちなみに、このバグは既にLaunchpadに報告があがっているようだ。pythonの動作に関係する様子なので、コードが読める人ならもうちょっと何とかなりそうな雰囲気はあるのだけれど。

さてさて、話が長くなったけれど、その点、sk1はuniconverterもちゃんと動いているようだ。だったら、印刷絡みのデータは最初からsk1で扱えばいいのかもしれない。Inkscapeと特に大きく使い勝手がちがうのは、PDFを直接開くことができないこと。開けるのはsk1の形式だけで、PDFはインポートもできない。SVGやpsデータはインポートできるので、PDFを細工するために使うのであれば、svgかps形式に予めInkscape等で書きだしておく必要がありそうだ。ただし、やってみると、svgはあるていどうまくいくけれど、psはうまくいかない。このあたりははっきりいってよくわからない。

PDFへの書き出しは、exportでもPrint to PDFでもいけるようだ。Inkscapeほどメジャーではないけれど、ひょっとしたらこの先、Inkscape以上に使えるソフトになるのかもしれない。


posted by 松本 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする