2011年07月01日

OpenOffice(LibreOffice)の改行コード問題、とりあえず回避

スマートな方法ではないのだけれど、一昨日、OpenOffice(LibreOffice)とテキストエディタの改行コードで書いた問題をとりあえず回避する方法を書いておこうと思う。単純な話で、OpenOfficeでもテキストエディタでもないアプリケーションを経由してコピー&ペーストするだけ。

たとえば、ホームページビルダー式ののHTMLエディタとしてSeaMonkeyのComposerがあるが、ここにテキストファイルを貼りつけると、改行コードは<br />もしくは<p></p>として反映される。これを改めてコピーしてOpenOfficeに貼りつければ、改行マークはそれぞれ正しくLFもしくはCR+LFとして認識されるから、以後、保存時におかしな変換が行われて「行が増える」問題は発生しない。

これはたぶん、SeaMonkeyではない他のアプリケーションを経由しても同じ結果が得られるのではないかと思う。たとえばブログエディタのようなものでもいいと思う。なんならテキストエディタで\rや\nを<br />に一括変換しておいてそれをHTMLとしてブラウザに読み込ませておいてからコピー&ペーストしてもだいじょうぶだと思う。ただ、手間がかかるので、それよりは他のアプリケーションを経由するほうが簡単だろうと思う。

こんな変なことをしなくてもOpenOffice(LibreOffice)の方で.doc保存時に変なことにならなければいちばんなのだけれど。とりあえずは、ベタな回避策で運用するとしよう。
posted by 松本 at 20:12| Comment(6) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする