2011年07月20日

Winefileは存在すら知らなかった

ファイルマネージャは、ふつう、どんなパソコンにも存在するプログラムだ。けれど、そういうものが存在するということすら、Ubuntuを使い始めるまでは知らなかった。フォルダをダブルクリックしたらその中にあるファイルやフォルダを見ることができるというのは、パソコンそのものの機能、OSそのものの機能であって、それを司るプログラムがあるなんてことは考えもしなかった。実際、MacでもWindowsでも、これはOSの一部として提供されている。Ubuntuだってそうだけれど、ただ、UbuntuのようなLinuxの場合、その気になればデフォルト以外のファイルマネージャを使うこともできる。Ubuntuのデフォルトはnautilusだけれど、私はこれに関してはXfceのThunarを使っている。そういう変更ができることが使っているうちにわかるようになるのも、Linuxの面白さのひとつだと思う。

ということで、現在私はふだんはThunar、たまに必要があってNautilusを使うのだけれど、自分のシステムの中にそれ以外のファイルマネージャが入っているとは夢にも思わなかった。いや、以前にはもっと別のものをインストールしていたこともあるし、ブラウザの中にはファイルマネージャ的な機能を持ったものがあったりするので、「夢にも思わなかった」は言いすぎかもしれない。けれど、思いがけないところにひとつファイルマネージャが入っていた。それはWineだ。

Wineは、Windowsのエミュレータ的なソフトだけれど、仮想環境ではなくLinux環境下で動作する。だから、Wineを使うときに、特にWindows側のデスクトップ環境は必要がない。だからファイルマネージャもLinux側のものでOKだ。具体的には、たとえば.docファイルをword viewerで開いてやるなら、NautilusなりThunarなりのLinuxのファイルマネージャでそのファイルにたどり着いて、そこから右クリックでword viewerを指定してやればそれでOKだ。あるいはWineでインストールしたプログラムを開くのに、そのプログラムの実行ファイルまでNautilusでたどり着いて、ダブルクリックで実行することもできる。

だから、ファイルマネージャはLinux側のもので十分なのだけれど、WineにもちゃんとWinefileというファイルマネージャが最初からセットされているのだという。詳細はこちら。

http://wiki.jswindle.com/index.php/Winefile

何かの拍子にこれを見つけて、起動してみた。かなり古めかしい感じだけれど、確かにファイルマネージャがWineで動作している。例の.docファイルなどは、ここからWineアプリケーションで開くことができる。

ただ、これはあくまでWine側のアプリケーションなので、ここからLinux側のアプリを起動することはできない。だから、対応するWineアプリケーションのないファイルをダブルクリックしても何も起こらない。さらに、機能の多くが未実装ということで、実用的にはあんまり価値はなさそうだ。

それでも、こういうプログラムがあるということを知っておくのは悪いことではないと思う。特に、それが自分が気づかないままに自分のシステムにインストールされているのであれば。Wineを使っている方は、いちど起動して確かめて見られてはどうだろうか。
posted by 松本 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

UIの力は慣れの力。

数日前に面白いブログエントリを見つけた。こちら。

お客様のブラウジング用パソコン数台にUbuntuを導入しました

前半の手順みたいなところは割とどうでもよくて、興味を惹かれたのは最後の方。

まだ全機種をUbtuntu化していません。
というのが、お客様が基本的にWindows以外のパソコンをすごく毛嫌いしているからです。
はじめに2台導入したのですが、UbuntuのデフォルトのGUIの画面でおいておくと、誰も触りませんでした。
お客様に聞いてみると、画面が違うので触りたくないとのことでした。
そこで、Windowsと同じ青色の画面に、ランチャーを作成してWindowsぽく画面を見せると使ってくれるようになりました。
(上の人からはランチャのアイコンをIEと同じにしたらもっと使ってくれるんでないと言われました)

「お客様用パソコン」がどういう位置づけでどういう人を対象にしているのか記事からはわからない。ただ、見慣れないUIに引いてしまう気持ちはわからないこともない。
私も、5年前にUbuntuを使いはじめて、いろいろ設定がいじれるようになったときに、まっさきにしたのがUIを使い慣れたMac(それもOS8.6時代のMac!)にカスタマイズすることだった。そのぐらい、自分に馴染んだUIというのは重要。当時のMacユーザーなら付き合いでWindowsも少しぐらいは触ったことがあるからUIがマシンによって異なるということは理解できたと思うけれど、Windows一本で来たユーザーにとっては、左隅にスタートボタンのないUIは、どう使っていいかわからなくて「毛嫌い」というのも、あながちないことではないと思う。

ということで、UbuntuをWindows風にカスタマイズする方法なんかも数多くWeb上で出回っているわけだけれど、一方の開発者の側からすれば、「より理想的なUI」を求めるのは当然だろうと思う。これは、「真似をしない」という次元ではなく、「もっといいものがあるはずだ」という向上心だと思う。私なんかはわりとそういうのを好ましいと思うのだけれど、相性問題もあって今回のUnityにはついていけず、結局は昔ながらのカスタマイズしたOpenBox環境を離れられない。これもまた、ひょっとしたら保守性のなせるわざかもしれないと思う。

ということで、いったん「パソコンとはこういうものだと」と思わせたWindowsの強みは変わらないだろうなあと思う。ただ、デバイスが異なればそのあたりはOKという人も多いわけで、モバイル時代に突入したいま、そのあたりからバランスが崩れてくるような気もする。ということは、モバイルを睨んだUnityは、方向としては正しいんだろうなと、そんなことを思った。
posted by 松本 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

Twitterクライアントの不調とGwibber

しばらく前からどうも常用しているTwitterクライアントのChoqokの調子がよくない。認証しているはずなのに「認証が必要です」みたいなメッセージが出る。強行すると普通に使えたりもするが、そのあとで突然落ちたりもする。いったん落ちると連続して落ちる。設定ファイルを捨ててうまくいく場合もあるけれど、使っているうちにまた同じようなことが起こる。

そこで、Choqokを諦めて別のクライアントを使ってみようと思った。試してみたのはQwitとGwibber。ちなみにGwibberは、デフォルトで入っている。Qwitはリポジトリに入っているのでSynapticパッケージマネージャでインストール。

Qwitは、以前は、たぶん私がTwitter初心者だったせいで、よくわからずに使えないと思った。今回ちょっと使ってみた感じでは、それほどわるくない。シンプルで、必要なものが必要なだけあるという感じ。これでいこうかなと思った。

ただ、Choqokで慣れてしまっているせいで、Choqokと違うところが気になる。具体的には、一覧性が低いことだ。Choqokだと、ポストの長さにもよるけれど、6〜8ポストぐらいは縦長の1画面で読める。未読のポストは一覧できたほうが嬉しいのだけれど、よっぽど賑わっているときでもない限り、1回の更新でこの程度に収まる。たまたまだけれど、これが使いいい。ところがQwitでは4〜6ポストぐらいでいっぱいになる。わずか1〜2程度のちがいだけれど、これが意外と気になる。

設定でなんとかならないかなと思ったけれど、UIの詳細は設定できない。何か方法がないかなと思って探していたら、QwitではなくGwibberにテーマが導入できることを見つけた。ならば、Gwibberでシンプルなテーマを導入すればうまくいくのではないかと思った。

Gwibberを使っていないのは、多機能なクライアントなのが仇になってUIが込み入っているように感じたからだ。上記の一覧性もよくない。けれど、こういったことはテーマで調整可能かもしれない。

Gwibberのテーマは、

/home/~/.local/share/gwibber/ui/themes/

というフォルダをつくっておいて、そこにインストールする。いくつかネットに上がっていたのをダウンロードしてそこに展開。Gwibberを起動すると、テーマが適用できるようになっている。Qwit風のテーマというのもあって、なるほどという感じ。

けれど、意外と検索でダウンロードできるテーマは多くない。もうちょっとシンプルなのがいいのだけれど、そういうのが見つからない。ならば、既存のテーマをもとに自分で調整するかと思った。幸い、テーマの設定はHTML(あるいはCSS?)に書かれているようだから、素人なりになんとか手を加えられそうだ。

けれど、少しやってみて袋小路にはまった。そのうちに、Twitterクライアントの不調はChoqokだけの問題ではなく、いろいろなクライアントで発生している問題だという噂を聞いた。どうもTwitter本体のAPIの仕様が変わったせいで発生していることらしい。となると、慣れないクライアントに移るよりは、バグの修正を待ったほうがよさそうだ。

ということで、探索は終了した。ここで深追いしないところが、いつまでたってもシロウトのUbuntu使いを抜けられない私なのだろうと思う。

posted by 松本 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

OpenOffice(LibreOffice)の改行コード問題、とりあえず回避

スマートな方法ではないのだけれど、一昨日、OpenOffice(LibreOffice)とテキストエディタの改行コードで書いた問題をとりあえず回避する方法を書いておこうと思う。単純な話で、OpenOfficeでもテキストエディタでもないアプリケーションを経由してコピー&ペーストするだけ。

たとえば、ホームページビルダー式ののHTMLエディタとしてSeaMonkeyのComposerがあるが、ここにテキストファイルを貼りつけると、改行コードは<br />もしくは<p></p>として反映される。これを改めてコピーしてOpenOfficeに貼りつければ、改行マークはそれぞれ正しくLFもしくはCR+LFとして認識されるから、以後、保存時におかしな変換が行われて「行が増える」問題は発生しない。

これはたぶん、SeaMonkeyではない他のアプリケーションを経由しても同じ結果が得られるのではないかと思う。たとえばブログエディタのようなものでもいいと思う。なんならテキストエディタで\rや\nを<br />に一括変換しておいてそれをHTMLとしてブラウザに読み込ませておいてからコピー&ペーストしてもだいじょうぶだと思う。ただ、手間がかかるので、それよりは他のアプリケーションを経由するほうが簡単だろうと思う。

こんな変なことをしなくてもOpenOffice(LibreOffice)の方で.doc保存時に変なことにならなければいちばんなのだけれど。とりあえずは、ベタな回避策で運用するとしよう。
posted by 松本 at 20:12| Comment(6) | TrackBack(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする