2011年06月18日

cups-pdfでWineからPDF出力

一昨日のWineで動作中のアプリケーションからPDFを出力する方法というエントリで強引にWine上のMS Word ViewerからPDFファイルを出力する方法を書いたのだが、その冒頭に、「こういうバッドノウハウはすぐに古びて不要になるとは思う」と書いた。ほとんど言い訳に近いのだけれど、早速それが不要になる方法をmasashi.Mizuno.chestnutさんにコメントで教えていただいたので、改めて記事に。これはcups-pdfというパッケージをインストールするだけの極めて単純なソリューション。

cups-pdfは、リポジトリの説明によると「CUPS-PDF provides a PDF Writer backend to CUPS. This can be used as a
virtual printer in a paperless network or to perform testing on CUPS.」つまり、仮想プリンタとして使えるということだから、WindowsでPDF出力のために配布されているPrimoとかPDF Creatorとかとほぼ同じ。

そういう便利なソフトなのになぜいままで知らなかったのかという言い訳は、これを使わなくてもUbuntuではPDF出力がデフォルトでサポートされているからだ。印刷ダイアログで「ファイルに出力する」というオプションが最初から用意されている。cups-pdfは、完全にこの機能と重複するわけで、だから不要なわけだ。

しかし、Wine上で動作するWindowsアプリケーションでは、この「ファイルに出力する」というオプションが表示されない。ということで先日のバッドノウハウになったわけだけれど、何のことはない、cups-pdfを使えばこれがあっさり解決する。

続きを読む
posted by 松本 at 13:23| Comment(3) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする