2011年06月16日

Wineで動作中のアプリケーションからPDFを出力する方法

こういうバッドノウハウはすぐに古びて不要になるとは思うのだけれど、当面は必要なので備忘として。

WineはUbuntuでWindowsのアプリケーションを動作させてくれる便利なものだけれど、実際にはそれほど使う場面は多くない。

Wineで動作するアプリで重宝させてもらっているのが、MS公認のWord ViewerとPowerPoint Viewerだ。WordやPPTの書類は、最近では私の仕事の基本的なフォーマットになっていて、しょっちゅう受け取る。ただ、最近はOpenOffice(LibreOffice)の互換精度がいいので、ほとんどLibreOfficeで処理して問題はない。MS Officeでなければどうしようもなくて仮想環境を立ち上げるというようなことは、ごく稀にしか起こらない。

けれど、もらった文書がその「稀」なケースに当てはまるかどうかはきちんと判断しなければならない。そんなとき、いちいち互換環境に入らなくても、WineでMS公認のViewerを起動すれば、ほぼ完全にWordやPowerPointの表示が再現される。これを見て特殊な作りこみがされていないかどうかを確認するわけだ(もっともこれらViewerは基本的にはOffice 2003の仕様なので、Office 2007や2010と100%互換と言えないところがあるのは否めないのだけれど)。

ということでこの話は終わりなのだけれど、たまにこのOfficeのViewerからPDFが出力できたらなと思うことがある。せっかくレイアウトが再現されているのだから、そのままPDFを出力すれば、MS環境の人が出力するのと同じ結果が得られることになる。けれど、これがなかなかうまくいかなかった。

Windows環境でPDFを出力するには本家であるAdobeのAcrobatを使えばいいのだけれど、有料のそのソフトでなくとも、さまざまなPDF出力用のフリーウェアがある。むかしWindowsを使っていたときには、そういうのを愛用していた。基本的にはLinuxで使われているのと同じGhost Scripの応用らしい。

ところが、こういったPDF出力用のソフト(たいていは印刷ダイアログから使う)が、Wineではうまく動作しない。たぶんUbuntu本来の印刷機能とバッティングするのだろう。回避策があるのかもしれないが、わからない。

最近のMS OfficeにはPDF出力がネイティブで備わっているが、古いMS OfficeやそれをベースにしたViewerには、そういう機能はない。出力用のフリーウェアも機能しないとなっては、八方塞がりで、以前に少し悩んで「これはできないんだな」と諦めていた。

続きを読む
posted by 松本 at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする