2011年05月20日

データベースが壊れた

バックアップファイルを取っていなかった自分がいけないのだけれど、ようやくうまく稼動し始めたデータベースが壊れてしまい、全てのデータを失ってしまった。なんとも情けない話。
何のデータかというと、事業の販売管理データ。これまでずっと表計算(.xls形式。最初はMS Excelで、後にOpenOfficeのCalc)で管理してきたのだけれど、けっこう手間がかかって鬱陶しいのでデータベースに移行しようと思った。それが1ヶ月ちょっと前のこと。使うソフトはOpenOfficeのBase。これがLibreOfficeになってうまく動かなかったりと、いろいろ問題はあったのだけれど、ようやく少し前から順調に動くようになった。それまでは旧システムと併用していたのを、いよいよ完全移行だなあと思った矢先にデータが壊れてしまった。ファイルを開こうと思っても、開けない。無理に開くとCalcかWriterが立ち上がって文字化けしたテキストとして読み込んでしまう。これではどうしようもない。
バックアップを取っていなかったのは、ついこのあいだまで構築中で試行錯誤の只中だったから、バージョンがいくつもできるとややこしいと思ったからだ。だが、完全移行と思ったときに、まっさきにバックアップをとるべきだった。途中1回でもバックアップしておけば回復の見込みはあったのにと、悔やまれてならない。
で、嘆いてばかりいても仕方ないので、これを機に少しOpenOfficeのデータベースのデータ構造を勉強してみることにした。まず気がついたのは、実は拡張子.odbのファイルは、実はzipファイルだということ。だから、拡張子をzipに変えると中身をみることができる。この段階で既にデータは壊れていて、書庫マネージャではエラーで開くことができず、Squeezeでは開くことはできるのだけれど解凍はできない。弱ったなあと思って検索しているとzipファイルの修復ソフトがWindowsにあることがわかった(こちらの記事)。そこで仮想環境のWindowsにこのソフトをインストールして壊れたデータベースファイル(拡張子を.zipにしたもの)を修復すると、無事に解凍できるようになった。続きを読む
posted by 松本 at 21:28| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする