2011年05月17日

Inspiron mini 12をUSBメモリで復活

昨年暮れに突然ハードディスクのトラブルを起こした先代メインマシンのDell Inspiron mini 12のハードディスクを取り除き、USB端子に接続したメモリスティックで運用できるようにUbuntuをインストールした。相当に手こずったけれど、終わってみれば何ということはない。苦労したあとを辿るのもそれはそれで興味深いかもしれないが、それは(もし書くとしても)回を改めるとして、今回は、まちがいなく成功する方法を書いておこう。
Inspiron mini 12のハードディスクは割としょぼいようで、そろそろ寿命を迎えるマシンも多いのではないかと思う。交換用のディスクはかなり高価なので、外付けメモリからの復活が手軽で実際的ではないかと思う。そういう意味で、まずは成功した確実な方法を報告しておく意義があるだろうと思うわけだ。最終的にインストールするのは、Ubuntuではあるが、デスクトップ環境にLXDEを採用することにする。そのほうが軽量で、mini 12にふさわしいようだから。
まず、ハードディスクの取り外しだけれど、これはちょっと検索すれば方法は出てくる。私はこちらのブログと、その先にあるリンクを参考にさせていただいた。本当はこのブログにあるようにディスクの換装をしたかったのだけれど、それはスキル不足で失敗。とりあえず取り外しのみ。外付けメモリでの復活だけなら実際にはハードディスクを取り外す必要はない。けれど、たとえば壊れたディスクがつながりっぱなしで運用するのもどうかという気がするので、可能であれば取り外すのがいいのではなかろうか。もちろん、スキルのある方で安くディスクを入手できれば、ディスク交換がいちばんいいのは言うまでもない。その場合、以下の記述は不要な情報だろう。
外付けUSBメモリとしては、今回は4Gのやや古いものを用意した。これは、手持ちがそれしかなかったからに過ぎない。これが8Gとか、あるいはもっと高速の読み書きができるものだと、若干、話が変わるかもしれない。特に、今回インストールできなかった11.04がインストールできるかもしれない。このあたりはよくわからない。一方、2Gや1Gの容量では無理なので、最低限の容量として4Gは必要というのはいえると思う。続きを読む
posted by 松本 at 15:28| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする