2011年05月10日

SheepShaverでMacを起動してみた

私はもともとMac使いで、5年前、時代遅れのiBookの遅さに耐えられずにUbuntuをインストールして以来のUbuntu使いだ。そのとき、一気にUbuntuに移行するのに確かにためらいはあった。いつでも逃げ出せるぐらいの腰の引けたUbuntuユーザーだった。
それがしばらく使って、もう後戻りするつもりがなくなった。その決断を後押ししてくれたのが、SheepShaverだ。
SheepShaverは、Macプラットフォームのエミュレーターだ。Mac、Windows、Linux上で動作し、MacOSの7〜9、つまりクラシック環境のMacOSをインストールできる。私がUbuntuに移行しようとしていた2006年は、Intel Macへの大規模な移行期だった。それまではMacOS 9がOSX上でクラシック環境として提供されていたが、Intel Macからはサポートされなくなる。それでもレガシーなアプリケーションを使いたい場面はある。そんなときに役立ってくれそうなのが、このSheepShaverだった。Mac上でSheepShaverをインストールすれば、その上にクラシック環境を実現できる。私は既に実験済みだった。そして同じSheepShaverがUbuntuでも使えるなら、MacからUbuntuへ移行してもそれほど困ることは起こらないだろうと思った。そういう保険のようなものがあったから、Ubuntuへの移行に踏み切れたわけだ。
ところが、現実はそういう安心感とは裏腹だった。まず、SheepShaverはUbuntuのリポジトリにはない。ビルドするかバイナリを探してこなければならないのだが、当時の私にはいずれもハードルが高すぎた。SheepShaverと同様のエミュレーターにBasilisk IIがあって、こちらは(hardyまでは)リポジトリにある。ところがこちらは68Kマシンのエミュレーターで、必要なROMファイルがちがう。幸い当時は6840搭載のLC475を使っていたのでROMを取り出すことはできたが、やはりまだUbuntu初心者の私としてはうまく動かすことまではできなかった。もうひとつPowerPCのエミュレーターにPearPCというのもあったが、これはMacOSのインストールがとてつもなく難しかった。ということで、「必要なときはいつでもエミュレーターでMacを動かせばいいや」と思っていたのに、実際には一度も実行したことがなかった。
それでも何不自由なく過ごしてこれたのだから、Ubuntuはたいしたものだと思う。実際のところ、レガシーのMacアプリを使いたいと思うことはほとんどなかった。いや、DTP用のレイアウトソフトには不自由したわけだけれど、だからといって時代遅れのMacOS 9で使うさらに時代遅れのQuark Xpressなんかでは既にどうしようもない時代にいるのは間違いない。過去を懐かしむことはあっても、実際に戻らねばならないことはなかった。一方、自分が作成したデータに関しては、あまりに古いものはもともと使いようがないわけだし、新しめのものはOSXで作成したものだった。OSXはもともとがUnix系だから、データそのものもLinuxと相性がいい。おまけに、既にWeb時代に入っていたから、コンテンツのほとんどはWeb上に存在していたり、テキストファイルだったりした。データの移行に旧環境は必要なかったわけだ。だから、SheepShaverのこともほとんど忘れていた。
さて、少し前、古いデータの見直しをした。これは、ちょっと事情があってコンテンツの量を確保しなければならなくなり、とにかく自分が著作権をもっていると主張できそうなものを洗いざらい並べてみる必要が生じたからだ。すると、MacOS 7〜8あたりをメインで使っていた時代にMacデフォルトのワープロソフトだったクラリスワークスで書いた文書がいくつか出てきた。けれど、これをUbuntu上で開くことができない。引越しの際にテキストデータに落としておけばよかったのだけれど、あまりに古い文書なのでその必要を感じなかったわけだ。いまさらMacで処理しようにも、最後のMacを先日手放したばかりだ。続きを読む
posted by 松本 at 08:56| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする