2011年04月20日

Unityからは、いったん撤退

一昨日からUbuntu 11.04 Nattyの新しいUIであるUnityを使っていたのだけれど、今朝になって「やっぱり時期尚早かもしれないなあ」と思った。そこで、使い慣れて安定しているOpenBox環境にいったん撤退することにした。理由は、どういうわけかUnity環境でChromeが暴走すること。それも、たぶんFlash動画を再生したときにそうなる。なんでブラウザの動作とデスクトップ環境が干渉するのか理解できないし、あるいはこれは私の誤認なのかもしれない。少なくとも、私の環境(特にクリーンインストールではなく10.10からのアップグレード)に特有のものであるのかもしれない。よくはわからないけれど、日常的に使う生産性マシンである以上、1日に数回フリーズするようなものでは困るわけだ(まあ、昔のWindowsならそれがあたりまえだったのだけれど。時代は遠くなりにけり)。
今朝までは、それでも我慢してしばらくはUnityを使い続けてみようと思っていた。そのためには、もうちょっとカスタマイズしたい。カスタマイズの方法を調べていると、どうやらCompizConfig (CCSM)という設定マネージャをインストールすればOKらしいとわかった(こちら)。そこでこれをインストールしていろいろいじってみたのだけれど、基本的にこれはCompizの設定なので、できることがやたらと多すぎてかえってよくわからない。おまけにUnityに関して「実にたくさんのことが設定できる」と紹介されている割には、どうでもいいアピアランスの詳細ぐらいしか設定できず、たとえばパネルに表示する項目の追加とか、パネルの幅の設定、ランチャーの位置や、ランチャーに仕込んだ項目の配置みたいなごく初歩的な設定が見つけられない。続きを読む
posted by 松本 at 10:01| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする