2011年04月19日

Unityを使ってみている

私はここのところずっとOpenBoxにXfce4のパネルを組み合わせた変則デスクトップ環境で運用しているのだけれど、これは先代のメインマシンInspiron mini 12の低スペックのせいだった。メモリが1Gに制限されていて、低速のハードディスクにスワップすると耐えられない遅さになるので、メモリを節約する必要があった。はるか昔にJWMでかなりメモリを節約できた記憶があったのでいろいろ実験してみて、自分なりにいちばん使いやすいのがこの変則デスクトップ環境だということになったわけだ。それが、メモリに余裕がある現在のAsus UL20Aに移ってからも続けているのは、OpenBoxだとウィンドウのタイトルバーをごく簡単に非表示にできるという利点があるからだった。わずか十数ピクセルのことなのだけれど、画面の小さい12インチマシンでの運用ではこれはけっこうありがたい。デスクトップを右クリックでアプリを起動したりディレクトリへのショートカットができたりという機能も、慣れると欠かせなくなる。そのほか細かな点で慣れてしまったこともあって、いまさらGnomeに戻りたいと思わなくなった。ということで、変則デスクトップ環境を続けてきた。
11.04 Nattyにアップグレードしたあとも、結局はこの変則デスクトップ環境を続けていた。いまさら変える必要性を感じなかったからだ。しかし、アップグレードに伴っていくつかの設定が初期設定に戻ってしまい、これを変更するにはデフォルトのデスクトップ環境に戻ったほうが早かろうと感じたので、昨日、いったんログアウトしてデフォルト環境にログインした。外見は10.10のGnomeとほとんど変わらないのだけれど、これがUnity環境だという。続きを読む
posted by 松本 at 08:28| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする