2011年04月18日

Scribusは1.4.0で大進化。これなら(目的によっては)使える

Ubuntuを11.04にアップデートして使い続けているのだけれど、昨日書いたように意外にも特に大きな変化は感じていない。それでも、アプリケーションレベルまでいくと、やっぱり進化はそこここにある。たとえばWineでWindowsのテキストエディタをひらくと、インライン変換こそできないものの、日本語入力に関して以前あった文字数の制限みたいなものはきれいに解消されている。以前はちょっと不安定な感じもしたのだけれど、十分に安定しているし、その気になれば使いものになると思う(テキストエディタの利点のひとつである起動の速さがWineを使う関係でダメなので、実際には使わないけれど)。
そこでいろいろアプリを試してみているのだけれど、たとえばInkscapeでは、10.10のときに出るようになったコピー&ペーストのエラーメッセージが相変わらず出続けて使いづらい。LibreOfficeの方もやっぱりうまくいっていないのは昨日書いたとおり。
そんななかで、これはどうかなと思って起動してみたScribus、最新版であるNGの方が1.4.0 rc2と、以前よりバージョンアップしている。期待して使ってみた。
レイアウトソフトであるScribusは、既に英語圏では実用の域に達している。けれどこれが日本語圏でほとんど実用に用いられていないのは、日本語周りの開発がほとんどできていないため。具体的にはぶら下げや追い出し、追い込みなどの禁則処理やルビ付けができないこと、縦書きができないことだけれど、それ以上に日本語入力がScribus上でほぼ不可能だったことがあった。「ほぼ不可能」のレベルは過去のバージョンアップとともにどんどん改善されてはいて、たとえば私が試し始めた頃には日本語入力メソッドを起動するためだけに追加パッケージをインストールしなければいけなかったし、日本語を入力するとたいていは異常終了した。それがいつの間にかデフォルトで日本語入力メソッドは起動するようにはなったのだけれど、それが可能なのはテキスト編集画面でのみ。レイアウト画面では無理だった。そして、異常終了は解決しなかった。それが異常終了問題も発生しなくなって、それで数カ月前には初めてScribusで16ページの小冊子を組むことができた。横書きで、禁則に関しては手動で調整しなければならなかったけれど、曲がりなりにも日本語の組版が(あまり美しいとはいえなかったけれど)、Scribusで可能になったわけだ。
けれど、そのときでもテキストの編集には苦労した。基本的にテキストエディタで書き起こした原稿をScribusでレイアウトしただけなのだけれど、レイアウト中にタイプミスやら変換ミスの修正、さらには文章の推敲などが必要になるのは編集の常だ。これを、いちいちテキスト編集画面に戻ってやらなければいけない。これはけっこう負担になった。回避策として別途テキストエディタを立ち上げておいてそこで修正文字を入力し、コピー&ペーストでレイアウト画面を離れずに修正するみたいなこともやったけれど、まるで写植の修正のようでレイアウトソフトを使っている利点がまるで感じられなかった。
ところが、今回のバージョンで、いよいよレイアウト画面上での日本語テキスト入力が可能になった。まだインライン変換には対応していないのでちょっと歯痒い感じは残るけれど、WYSWYGでテキストを修正していけるのは非常に気持ちがいい。続きを読む
posted by 松本 at 11:37| Comment(6) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする