2011年04月26日

Scribusで電子書籍作成(PDF)

Scribusの開発版(NG)が1.4になって日本語まわりがだいぶ安定したので、一度これで組版をやってみようと思った。似たようなことは2ヶ月ほど前にScribusの安定版の方でやっているのだけれど、今回のバージョンアップでレイアウト画面で日本語入力が通るようになったことを受けて、もうちょっと本格的にやってみようと思ったわけだ。ちなみに、前回は安定版も開発版も1.3.xだったので作業に大差はなかったが、今回は開発版が安定版よりも一段上に抜けているので、開発版を使った。
で、実際にやってみた感想だけれど、以前のバージョンに比べて、パレット周りのUIが使いやすくなった気がする。これは前回それほど使い込んではいないので「気がする」程度のことだけれど、操作性がずいぶん良くなった感じ。その一方で、開発版らしいバグが残っていて、たとえば操作中に文字枠に入れなくなることが何度かあった。比較的再現性があるのでバグだと思う。ここから抜けるには、適当に文字枠をひとつ描いてやってから削除すると、大丈夫のようだ。あと、ページを移動したときにコントロールパレットの表示がデフォルトに戻るのは、少しマシになったような気がする。これはそうなるときとならないときがあって、規則性を見つけられなかった。
レイアウト機能そのものは英語対応としてはまず不足はないのだし、仕上がりの外見はレイアウトソフトよりもフォントに依存する部分が大きいだろう。だから、Scribusの機能としては、結局は日本語対応がどうなのかといところに尽きる。そういう点では、レイアウト画面で日本語入力が通るようになったこと以上には、特に進展らしいものはなかった。ルビ、縦書きも追加されている様子はないし、カーニングが全く非対応だ。だから、行末ジャスティファイにしているはずなのに、実際に組みあがったものは右端がガタガタの左寄せ組になっている。もちろん禁則処理もないから、これは手動で追い出してやるしかない。どうせ校正を兼ねて読みながらレイアウトするので特に手間とも感じないのだけれど、やっぱり面倒なことにはちがいないだろう。
ということで、作成したPDFは、こちらにアップした電子書籍。内容は、単なる反原発オタクのたわごとですが。よろしければお読みください。ダウンロードは無料です。
ダメなシステム、マシなシステム
─なぜ原発が問題なのか、そして次へと─

これは海外の出版サイトLulu.comを使ったもので、本来はオンデマンド印刷の購入用のサイト。ということでオンデマンド印刷版も購入できるように放っているけれど、まだ校正刷りを出していないので、買ってもらってトラブルになっても困る。ということで、定価を誰も買わないほど高価な100ドルに仮に設定してある。別にそれだけの価値があると思っているわけではないのであしからず。
なお、数日前にOpenOffice(というかLibreOffice)のプラグインでつくったePubファイルはこちら。モバイル端末なら、どっちが読みやすいのか、気になるところだけれど。
posted by 松本 at 21:17| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

OpenOfficeか、LibreOfficeか

先月、仕事の事務データ管理をスプレッドシートからデータベースに移行した。Windowsならエクセルからアクセスへの移行に相当するわけだが、OpenOfficeの場合、CalcからBaseに、OpenOffice内での移行ということになる。
ただ、これが当初うまくいかなかった。というのは、その時点で私はLibreOfficeにアップデートしていたのだが、なぜかLibreOfficeのBaseで操作に欠かせないナビゲーションやコントロールが表示されないという不具合が出ていた。これでは使いものにならない。そこでいったんOpenOfficeに戻したことは先に書いた。
けれど、11.04 Nattyにアップグレードして、自動的にLibreOfficeにアップグレードされた。ちょっと躊躇はしたのだけれど、広範なバグならきっとどこかに回避策が出ているだろうと思ったからだ。
さて、実際にBaseを使わねばならなくなって、LibreOfficeで開いてみると、やっぱりナビゲーションが出ない。データベースの入力や表示そのものはうまくいっているようだが、トップのデータだけ表示されていても仕方ないわけだ。そこで回避策を探し始めたが、どうもそれらしいのが出てこない。
やっぱり私のローカルの問題なのかなあと思ったが、ここでひょっと思いついたのは、日本語環境のせいではないのかということ。ユーザーの多くは英語圏をはじめとする外国語圏だから、ひょっとしたら英語環境ならこういう問題が発生せず、そのせいで回避策も出回っていないのかもしれない。そこで、いったんLibreOfficeを完全削除し、日本語パッケージを外して再インストールしてみた。すると、ナビゲーションは表示されるようになった。なるほど、これならOKだ。
ところが、どうも期待通りのデータが出ていないところがある。なにか設定がおかしいのかもしれないが、これを訂正するには編集画面でコントロールをひらかなければならない。ところが、英語版でもこっちの方はうまく表示されない。やっぱりLibreOfficeのバグなのだろうか。
よく理解できないけれど、深追いするのも嫌なので、「じゃあLibreOfficeをアンインストールしてOpenOfficeをインストールしてやろう」と考えた。どちらもリポジトリにあったからだ。
ところが、NattyのリポジトリのOpenOfficeは実はLibreOfficeへの移行パッケージであって、OpenOfficeではない。OpenOfficeと思ってインストールしようとしても、実際にはLibreOfficeのパッケージがインストールされる。それなら古いリポジトリを使おうとLTSである10.04 Lucidのリポジトリを読み込んでOpenOfficeを指定してみたが、依存関係のせいか撥ねられてしまう。
仕方ないので、OpenOfficeの本家のサイトに行って、そこから.debファイルをダウンロードした。ちなみに、これは以前に挫折している方法。というのも、.debパッケージが50個ほどにも分かれていて、GUIのdebインストーラーでは歯が立たないからだ(順序を正しく1つずつやればできるのかもしれないが)。これを一気にインストールするには、ダウンロードしたあと、解凍したディレクトリで端末を開いてsudo dpkg -i DEBS/*.deb というコマンドを実行してやらねばならない。ここまでは、あちこち参照しながら何とか漕ぎ着けた。
ところが、それだけではインストールしたはずのOpenOfficeが実行できない。どうやら、sudo dpkg -i DEBS/*.debに続けて、DEBS/desktop-integration/openoffice.org3.2-debian-menus_3.2-9472_all.debというコマンドを打たねばならないらしい。ただ、ネットで検索して見つけたこれはバージョン3.2をインストールするときのコマンド。バージョンが上がっているから変更を加えなければいけないはずだけれど、どこをどう変えていいのかわからない。このコマンドを打たないせいだろうか、Synapticパッケージマネージャで確認したところではちゃんとパッケージはインストールされているのに、肝心の実行ファイルがどこにあるのかわからないし、もちろんメインメニューにも登録されない。
弱ったなあと思って、それなら古いバージョンの3.2でもインストールし直すかとOpenOfficeのサイトに行ってみたら、ふと、Windowsのパッケージがあるのに気がついた。そういえば、以前、OpenOfficeの3.0のWindows版をWineで動かしてけっこうきちんと動いたなあと思いだした。あれは、Linux版で文字が飛んでしまうバグがあったときの一時的な回避策だった。それならWindows版はどうだと思って、3.3をダウンロードしてインストールしてやると、なんとまあ、あっさりとデータベースは何の不具合もなく動作。なんとも拍子抜けという結果になった。
どうやらBaseのバグは、LibreOfficeが悪いのでもなく、日本語環境のせいでもなく、私のローカル環境のせいでもなく、Linux環境のせいである疑いが強くなった。OpenOfficeやLibreOfficeのユーザーの圧倒的多数はWindowsユーザーだろうから、Windows環境でバグが出なければあまり問題視されないのかもしれない。しかし、Wineで動かしたほうがOpenOfficeがきちんと動くというのは、なんだか情けない話だと思う。
ともかくも、私としてはLibreOfficeを応援したい、使うならLibreOfficeを使いたいと思っていたので、結果的に、常用はLinux環境のLibreOffice、データベースを扱うときだけWineのOpenOfficeという使い分けで当分はいこうと思う。じゃあWineでLibreOfficeならどうだとか、興味はあるけれど、せっかくうまく動き始めたところであまりややこしいこともしたくないし。とりあえずこれは、「生産性マシン」だから。
まあ、Linux環境がバグのもとというのは言いがかりかもしれないので、もうちょっと使いながら気をつけてみようとは思う。
posted by 松本 at 20:13| Comment(1) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

Unityからは、いったん撤退

一昨日からUbuntu 11.04 Nattyの新しいUIであるUnityを使っていたのだけれど、今朝になって「やっぱり時期尚早かもしれないなあ」と思った。そこで、使い慣れて安定しているOpenBox環境にいったん撤退することにした。理由は、どういうわけかUnity環境でChromeが暴走すること。それも、たぶんFlash動画を再生したときにそうなる。なんでブラウザの動作とデスクトップ環境が干渉するのか理解できないし、あるいはこれは私の誤認なのかもしれない。少なくとも、私の環境(特にクリーンインストールではなく10.10からのアップグレード)に特有のものであるのかもしれない。よくはわからないけれど、日常的に使う生産性マシンである以上、1日に数回フリーズするようなものでは困るわけだ(まあ、昔のWindowsならそれがあたりまえだったのだけれど。時代は遠くなりにけり)。
今朝までは、それでも我慢してしばらくはUnityを使い続けてみようと思っていた。そのためには、もうちょっとカスタマイズしたい。カスタマイズの方法を調べていると、どうやらCompizConfig (CCSM)という設定マネージャをインストールすればOKらしいとわかった(こちら)。そこでこれをインストールしていろいろいじってみたのだけれど、基本的にこれはCompizの設定なので、できることがやたらと多すぎてかえってよくわからない。おまけにUnityに関して「実にたくさんのことが設定できる」と紹介されている割には、どうでもいいアピアランスの詳細ぐらいしか設定できず、たとえばパネルに表示する項目の追加とか、パネルの幅の設定、ランチャーの位置や、ランチャーに仕込んだ項目の配置みたいなごく初歩的な設定が見つけられない。続きを読む
posted by 松本 at 10:01| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

Unityを使ってみている

私はここのところずっとOpenBoxにXfce4のパネルを組み合わせた変則デスクトップ環境で運用しているのだけれど、これは先代のメインマシンInspiron mini 12の低スペックのせいだった。メモリが1Gに制限されていて、低速のハードディスクにスワップすると耐えられない遅さになるので、メモリを節約する必要があった。はるか昔にJWMでかなりメモリを節約できた記憶があったのでいろいろ実験してみて、自分なりにいちばん使いやすいのがこの変則デスクトップ環境だということになったわけだ。それが、メモリに余裕がある現在のAsus UL20Aに移ってからも続けているのは、OpenBoxだとウィンドウのタイトルバーをごく簡単に非表示にできるという利点があるからだった。わずか十数ピクセルのことなのだけれど、画面の小さい12インチマシンでの運用ではこれはけっこうありがたい。デスクトップを右クリックでアプリを起動したりディレクトリへのショートカットができたりという機能も、慣れると欠かせなくなる。そのほか細かな点で慣れてしまったこともあって、いまさらGnomeに戻りたいと思わなくなった。ということで、変則デスクトップ環境を続けてきた。
11.04 Nattyにアップグレードしたあとも、結局はこの変則デスクトップ環境を続けていた。いまさら変える必要性を感じなかったからだ。しかし、アップグレードに伴っていくつかの設定が初期設定に戻ってしまい、これを変更するにはデフォルトのデスクトップ環境に戻ったほうが早かろうと感じたので、昨日、いったんログアウトしてデフォルト環境にログインした。外見は10.10のGnomeとほとんど変わらないのだけれど、これがUnity環境だという。続きを読む
posted by 松本 at 08:28| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

Scribusは1.4.0で大進化。これなら(目的によっては)使える

Ubuntuを11.04にアップデートして使い続けているのだけれど、昨日書いたように意外にも特に大きな変化は感じていない。それでも、アプリケーションレベルまでいくと、やっぱり進化はそこここにある。たとえばWineでWindowsのテキストエディタをひらくと、インライン変換こそできないものの、日本語入力に関して以前あった文字数の制限みたいなものはきれいに解消されている。以前はちょっと不安定な感じもしたのだけれど、十分に安定しているし、その気になれば使いものになると思う(テキストエディタの利点のひとつである起動の速さがWineを使う関係でダメなので、実際には使わないけれど)。
そこでいろいろアプリを試してみているのだけれど、たとえばInkscapeでは、10.10のときに出るようになったコピー&ペーストのエラーメッセージが相変わらず出続けて使いづらい。LibreOfficeの方もやっぱりうまくいっていないのは昨日書いたとおり。
そんななかで、これはどうかなと思って起動してみたScribus、最新版であるNGの方が1.4.0 rc2と、以前よりバージョンアップしている。期待して使ってみた。
レイアウトソフトであるScribusは、既に英語圏では実用の域に達している。けれどこれが日本語圏でほとんど実用に用いられていないのは、日本語周りの開発がほとんどできていないため。具体的にはぶら下げや追い出し、追い込みなどの禁則処理やルビ付けができないこと、縦書きができないことだけれど、それ以上に日本語入力がScribus上でほぼ不可能だったことがあった。「ほぼ不可能」のレベルは過去のバージョンアップとともにどんどん改善されてはいて、たとえば私が試し始めた頃には日本語入力メソッドを起動するためだけに追加パッケージをインストールしなければいけなかったし、日本語を入力するとたいていは異常終了した。それがいつの間にかデフォルトで日本語入力メソッドは起動するようにはなったのだけれど、それが可能なのはテキスト編集画面でのみ。レイアウト画面では無理だった。そして、異常終了は解決しなかった。それが異常終了問題も発生しなくなって、それで数カ月前には初めてScribusで16ページの小冊子を組むことができた。横書きで、禁則に関しては手動で調整しなければならなかったけれど、曲がりなりにも日本語の組版が(あまり美しいとはいえなかったけれど)、Scribusで可能になったわけだ。
けれど、そのときでもテキストの編集には苦労した。基本的にテキストエディタで書き起こした原稿をScribusでレイアウトしただけなのだけれど、レイアウト中にタイプミスやら変換ミスの修正、さらには文章の推敲などが必要になるのは編集の常だ。これを、いちいちテキスト編集画面に戻ってやらなければいけない。これはけっこう負担になった。回避策として別途テキストエディタを立ち上げておいてそこで修正文字を入力し、コピー&ペーストでレイアウト画面を離れずに修正するみたいなこともやったけれど、まるで写植の修正のようでレイアウトソフトを使っている利点がまるで感じられなかった。
ところが、今回のバージョンで、いよいよレイアウト画面上での日本語テキスト入力が可能になった。まだインライン変換には対応していないのでちょっと歯痒い感じは残るけれど、WYSWYGでテキストを修正していけるのは非常に気持ちがいい。続きを読む
posted by 松本 at 11:37| Comment(6) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

気がつけばNatty

地震やらなにやらいろいろあってあまり気にも止めてこなかったのだけれど、気がつけばあと半月しないうちにUbuntuも11.04 Nattyの正式リリース。昔はベータから、時にはアルファから入れていたのに、ドライバ待ちをしなければならない先代のInspiron mini 12からはアップグレードが遅れがちになっていた。けれど、考えてみたらこのAsus UL20Aなら遠慮は要らない。ふと思いついたらさっそくAlt+F2でupdate-manager -dとやっていた。あ、その前に、いつものOpenBox環境からGnome環境に戻っておいたけれど。これは念のため。
アップグレードに躊躇する理由はあった。先日、データベースの不調でLibreOfficeをOpenOfficeに入れなおしたばかり。NattyからはLibreOfficeがデフォルトだから、これが(もしもバグだとして)フィックスされていなければ業務に支障が生じる。けれど、やっぱり使ってみたい。バグなら遠からずフィックスされるだろうし、バグでなければ回避策を探せばきっと誰かが教えてくれると、思い切ることにした。
夕方、夕食の支度前にアップグレードの手続きだけして、夕食を食べ終わったらアップグレードが終了している、予定だったのだけれど、実際にはダイアログ操作を要求されていて、そこでストップしていた。それでも、けっこう順調に完了。
さて、再起動してみると、心配したほどUIの変化はない。噂のUnityなのだろう、左側にランチャーが出ている。あとはなんだかGnomeと変わらない。
けれど、あまり詮索はしなかった。どうせデフォルト環境ではなく、使い慣れたOpenBox環境で使い続けることになるからだ。すぐにログアウトして、OpenBoxでログイン。メニューに使っているXfce4の方でバージョンが変わったせいだろう、データの移行を求められるが、それはそれ。特に問題になることもなく、なんだ、いつもとほとんど使い勝手の変わらない画面が出てきた。実際、いまのところほとんどアップグレードによる変化を感じていない。
強いていうなら、Mozcの変換候補ウィンドウにbuild 558の表示が出てちょっと鬱陶しいことぐらいか。まあこれは慣れの問題だろう。自分の使っているバージョンが確認できるのは、それはそれでいいことのような気もする。
LibreOfficeは、やっぱりデータベースのコントロールを表示できなかった。この問題は…。後日解決するとしよう。
posted by 松本 at 20:55| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

LibreOfficeから、いったんOpenOfficeに

しばらく前からLibreOfficeを使っていた。PPAを使ってインストールするとOpenOfficeと置換されるのだけれど、まあ、それはそれでいいかなと思った。実用上ほとんど不都合はなく、むしろ使いやすい感じがしたので、そのままずっとここまで来た。
ただ、表計算のシートで、セルのリンクが無効になるエラーが頻発して、これにはちょっと困っていた。ただ、私の使い方では、「ちょっと困る」程度で、大きな問題ではなかった。だから、このまま使い続けるのかなと思っていた。
その一方で、数年前にいったん手をつけてその後放置していた経理関係の書類をデータベースできっちりつくりかえるプロジェクトを、ここにきて再開しようと思った。実のところ、年が明けてから3ヶ月、非常に仕事が不調だ。なかなか受注できない。けれど、こんなときこそ日頃積み残してきた事務仕事を片付けてしまうべきだろう。
ということでデータベースをいじりだしたのだが、どうにもおかしい。コントロールが表示されないのだ。最初は自分の使い方だろうと思っていたのだけれど、最終的に、これはLibreOfficeのバグだと判断した。いや、バグかどうかはわからない。私の環境だけかもしれない。ともかくも、入力フォームの細かな編集が実質的にできない。これでは実用にはならない。
そこで、残念な気はするのだけれど、いったんLibreOfficeを削除し、OpenOfficeを入れ直した。こちらなら、確かにDBはちゃんと動作する。
LibreOfficeはいい感じで使わせてもらっていたので、今後に期待ということにしたい。Ubuntuもまもなく正式リリースになる次期バージョン11.04ではLibreOfficeが正式採用になるようなので、そうなったら改めて使ってみようと思う。
posted by 松本 at 17:11| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

初めて、禁断のddを実行

メインマシンとしてのネットブックを新しくして3ヶ月、特に何の問題も起こっていないので、旧マシンを手放すつもりになった。ハードディスクにトラブルが報告されていても一応は動くので、念のため、旧データのそのままのバックアップとしても手元に置いていたわけだ。けれど、もう2ヶ月も起動していないということは、完全に不要ということ。
手放すにあたっては、ハードディスクのデータを消し去らなければいけない。どうせまともには使えないハードディスクだからいいようなものだけれど、なまじどうにか動くので、やっぱりデータは残しておくわけにはいかない。まあ、最近は昔とはちがって特段に気をつけなければいけない個人情報みたいなのはほとんど扱わなくなっているので以前ほどにはセキュリティ上の不安はない。それでもやっぱり、見られたくないのは自分のハードディスクの中身だ。
聞くところによるとハードディスクのデータは1回上書きしたぐらいでは高度な裏技を使って回復できる場合があるそうなので、何度か消去はしなければならない。それはそれだけの手間をかければすむとして、では、どうやって消去するか。ここで、私はddというコマンドを使おうと思った。以前から噂で聞いていたのだけれど、怖くて使ったことがなかった。基本的には「dd は入力から出力へデータをコピーするコマンドである」ということで、バックアップなんかには便利なコマンドらしい。けれど、このコマンドでディスクのデータを消去することもできる。うっかりバックアップをとるつもりでデータを消したりしたくないので、コマンドアレルギーの私にとってはまさに禁断の方法だったわけだ。けれど、今回は消去するのが目的なのだから、やってしまえと。
ディスクの中身が消去されるので、ハードディスクから実行中のシステムでこれをやったら、たぶん途中でシステムがダウンするだろう。ということで、外付けCDドライブからLive起動して実行することにした。USBからのほうが簡単なのだけれど、旧マシンのDell Inspiron mini 12は(一般にそうなのかどうか知らないが)USB起動に難がある。そこで調子のいまひとつなDVDドライブを引っ張り出してきて接続。続きを読む
posted by 松本 at 11:40| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

Wifi難民になってしまった

先日、急に札幌周辺に数日間の予定で出かけなければならなくなった。こういうとき、12インチのモバイル対応のCULV機をメインで使っているのはありがたい。そのまま持ち出せる。
ただし、最近のパソコンは、Webに繋がなければただのハコ。モバイルルーターでもあればいいのだけれど、普段そういう必要がないので持っていない。慌ただしい出発準備の中ですぐに購入できるものでもない。それなら公衆無線LANがよかろうと、いくつかサービスを探してみた。どこにでもあるマクドナルドで利用できることから、ワイヤレスゲートがよかろうとすぐにオンラインで契約。このあたり、実に便利になったものだ。あとは5年ほど前から使っているFONでなんとかなるだろう。
と、準備万端で出発したつもりだったのだが、これが穴だらけだったことが出てみてわかった。
まず、アクセスポイントの地図をブラウザで表示して、サスペンド状態にしておいた。これでパソコンを開けばいつでもアクセスポイントが確認できる。はずだったのだけれど、飛行機搭乗時に電源を落とした関係で、表示が消えてしまった。なんとも間抜けな話だ。シャットダウンではなくハイバネートにしておけば全く問題はなかったというのに、ブラウザを終了してしまったのがいけなかったわけだ。それならそれで、せめてスクリーンショットでもとっておけばよかったというのは後の祭り。
もちろん、マップなど特に必要はない。というのは、今回の目的地周辺では、どちらにせよ例のハンバーガーショップ以外はアクセスポイントがないからだ。そこで現地に行ってマクドナルドの看板を探した。すぐに見つかった。けれど、なんとも間の悪いことに、そのショップの入っているショッピングセンターがちょうどその日をはさんで数日間の改装工事中。よりによってこんなときに臨時休業中とは。
いや、ホテルならネット接続はあるはず。確かにLANケーブルがきている。けれど、表示されるのはホテルの案内ページだけ。ネット接続は有料オプションで、しかもその料金が1日1,300円もするではないか。この料金はなんなんだ?
FONは、北海道でもかなり普及している。けれど、寒い札幌の路上でパソコン片手に路上をアクセスポイント探索の旅に出る気には到底なれない。幸いなことに緊急の仕事は入ってこなかったのでオフラインでできる仕事をポチポチとやってお茶を濁して帰宅したのだけれど、なんだかなあという感じの旅だった。
posted by 松本 at 12:04| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする