2011年02月19日

Scribusで小冊子作成

仕事、というわけでもないのだけれど、毎年この時期に12〜16ページの小冊子をつくるタスクが発生する。プリンタでつくる関係上、B6かA6の小さな中綴じホチキス止めのものだ。きちんとしたページ物以外にこういうのをつくる必要は、昔にはずいぶんとあった。その頃はQuarkかPageMakerでチャチャッとやってしまったものだ。
それが、3年前から始まったこのタスクでは、けっこう苦労している。去年はOpenOfficeでレイアウトしたものをPDFを出力してそのページ順を並べ替える方法をとった。それはそれでわるくはないのだけれど、いまひとつスマートではない。やっぱりこういう作業はレイアウトソフトに勝るものはない。そこで、かなり使えそうになってきたScribusを使ってレイアウトをつけてやることにした。
Scribusは、英語圏ではLinux定番のレイアウトソフトとして、一部では商用印刷にも用いられていると聞く。けれど、日本であまり実用例を聞かないのは、日本語への対応が進んでいないからだ。対応が進んでいないからユーザーが増えず、ユーザーが少ないから開発者も出てこないという状況なのかもしれない。具体的には、縦書きとルビがレイアウトできず、さらに、日本語禁則処理や日本語組版に対応したカーニング処理、ぶら下げ処理などが抜けている。さらに、テキストエディタでの日本語入力にも難がある。レイアウトしながらちょっとしたテキストの入力や修正ができないのは、やっぱり編集上、非常に窮屈なわけだ。
けれど、それ以外の面では、一時代前のQuark Xpress程度には柔軟性がある。レイアウトソフトに求められる基本的な機能はしっかりしているわけだ。だから、商用ではない今回のような小冊子を組むぐらいなら、まずできなくはないだろうと思ったわけだ。続きを読む
posted by 松本 at 11:18| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする