2011年01月28日

m4a形式への変換

以前、息子のためにWiiを買ったのだが、ゲームに興味のない私の心づもりでは、これにはTV用のデータ端末的な役割を期待していた。といってもたいしたことではなく、ネットにつないでYouTubeを見ることと、デジカメで撮った写真やホームビデオの閲覧、そして音楽の再生ができればという感覚だった。実際、ネットの接続はごくあっさりとできて、家族でYouTubeを見るのはテレビでという手段が確立した。写真も、SDカードに突っ込めば閲覧できる。問題は動画と音楽だ。
動画に関しては、一度は失敗し、もう一度試したら成功した。同じMOV形式なのだけれど、失敗した方は、たぶん解像度の設定が高すぎたのだろう。これはそのうち再トライしようと思っている。一方の音楽ファイルは何度やってもダメ。めげかけたところで、実はWiiの機能を理解していなかったのだということにようやく気がついた。
Wiiは、音楽ファイルは「任天堂の公式ページでは、「AAC形式の音楽ファイル(拡張子.m4aのMP4オーディオファイル)」が扱えるということになっている。で、この.m4a形式に変換してやらねばならない。音声ファイルの変換ならWinffでしょうと立ちあげたら、Device Presetの項目にm4aはなし。
しかたないので例によってSynaptic内をm4aで検索したら、XCFAとpacplという2つのアプリケーションが見つかった。このうちPacplは端末で使うらしいので、まずはXCFAをインストール。続きを読む
posted by 松本 at 13:33| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする