2011年01月11日

PiTiViが案外とよかった

前回、新しく買ったAsus UL20Aの内蔵カメラで撮影した動画をYouTubeにアップするための下処理について書いた。いろいろやった割に画像の周りに黒い縁がついてしまうという残念な結果になった。手順もけっこう回りくどい。撮影した動画をもっと簡単にアップしたいと思って、再挑戦してみた。
前回はPiTiViとKdenliveの両方を使ったので、このどちらか一方だけで処理ができないかと思った。それならば多機能のKdenliveだろうと、まずそちらを立ち上げた。
Kdenliveにはいろいろな機能がある。特に、音声トラック向けにもエフェクトがあるから、これでノイズ消去ができれば音声ファイルを抽出してAudacityで処理なんて手間は要らないだろうと思った。けれど、このエフェクタにはいろいろ使えるものがある一方で、やっぱりノイズ消去はないようだった。仕方ないので、まずWinffで音声ファイルを抽出、そしてAudacityで下処理という手順は同じ。
そして、これをKdenliveに取り込んで動画と合体。今回、clipのところに「音声を分割」という機能を見つけたので、これで動画ファイルの音声を分割した上で音声のみ削除。これでAudacityで処理済みの音声を合わせれば完璧になる。ここまではよし。頭部分や末尾の余分な部分の削除も、細かな時間指定でできることがわかった。いや、それよりも動画用のエフェクトにフェードインとフェードアウトがあるから、今回はこれを使ってみよう。
とまあ、割と軽快に進んだのだけれど、いざレンダリングの段になってわからない。guvcviewで撮影した動画は640×480の4:3比率なのだけれど、この解像度がまず合わない。さらに、そこを無視して書き出すと、なぜか動画が早送り状態になって、4分ほどある曲が1分強で終わってしまう。続きを読む
posted by 松本 at 08:48| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする