2011年01月07日

Asus UL20Aの内蔵WebcamでYouTubeデビュー

せっかくいいマシンを手に入れたので内蔵Webcamで動画を撮ってみようと苦戦した様子は昨日の2つのエントリで報告した。さて、guvcviewを使って撮影した動画、せっかくだからYouTubeにアップしようと考えた。けれど、いろいろと問題がある。
まず、この動画の形式がoggというのが問題。oggをそのままアップすると、音声は取り込まれるが画像が取り込まれないという結果に終わる。別形式への変換を行なわなければならない。それ以前に、適当にデモで撮影した動画の小マシな部分だけを取り出したい。あんまり見苦しいところはカットしてしまいたいわけだ。
ということで、まずはデフォルトの動画エディタであるPiTiViを起動した。このアプリを使うのは初めてだけれど、できることが少ない分だけ直感的にできる。必要な分だけ切り出して保存。ここまではOK。
ところが、どうも音質が気に食わない。ノイズが多いわけだ。これは、パソコンの内蔵マイクの限界なのだろう。そういう点では、AsusのUL20AはファンレスのInspiron mini 12に比べて不利。どうしてもファンのノイズを拾うようだ。このノイズを多少でも軽減したい。となれば、Audacityだろう。続きを読む
posted by 松本 at 09:52| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする