2011年01月06日

Webcam問題、一応の解決

前回、Webcamでうまく動画が撮影できないという問題を書いたが、その後、しつこく調べていたら、どうにかそこそこにきれいな動画を撮影する方法が見つかったので、まずは報告。
要はguvcviewというパッケージを使えばできた、というだけのこと。これは例によってSynapticから簡単にインストールでき、メインメニューに上がってくるので、起動すると動画表示画面とコントロール画面の2つのウィンドウが現れる。このコントロール画面の下に現れたキャプチャのアイコンをクリックして録画を開始し、もう一回クリックして終了。右側のVideo Fileの「開く」アイコンをクリックして保存場所を選んで保存すると、動画が作成される。下の方にある保存のアイコンはプロファイルの保存に過ぎないようなので注意が必要だ。これでほぼ文句ない動画が撮れる。
問題があったとしたら、音がズレてしまったことぐらいだ。これは、コントロール画面のオーディオタブで、サンプルレートを「デバイスデフォルト」から「音楽フォーマット」のプロパティで設定されたのと同じ数値に変更したらちゃんと通った。サンプルレートがミスマッチだったようだ。すべて解決で、めでたしめでたし。続きを読む
posted by 松本 at 14:56| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webcamでうまく動画が撮影できない

AsusのUL20Aを買って、ひとつ楽しみにしていたのは内蔵のWebcamで動画が撮影できるのではないかということだった。もちろん、デフォルトのWindowsならできる。それは先代のInspiron mini 12でも同じ。けれど、mini 12は処理速度の関係なのか、動画が動画にならなかった。十分に明るければ、静止画像ならなんとか撮影できる。けれど、動画まではうまくいかなかった。せっかくハードウェアが装備されていても、これではたいして使い道はない。テレビ会議にも差し支えるだろう。
UL20Aなら、処理速度もグラフィック性能もいいから、内蔵Webcamで動画が撮影できるのではないかと思っていた。YouTubeに投稿なんてこともやろうと思えばできるはず。ところが、やってみるとそうは問屋が卸さなかった。
まず、Webcamを動作させるためにはCheeseというパッケージをインストールする。これは例によってSynaptic(たぶん最近ではソフトウェアセンター)で一発でできる。メインメニューにもすぐに登録されるから、使うのは簡単。
ところが、このCheese、静止画は全く問題なく撮影できるのだけれど、動画はコマ落ちしてしまう。コマ落ちどころか、紙芝居でしかない。おまけに、録画時間に上限があるようで、途中で録画が途切れてしまう。これではどうしようもない。続きを読む
posted by 松本 at 11:55| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする