2010年12月20日

ブラウザを変えてみた

ここのところ、どうにもパソコンの反応が重くて、嫌になっていた。愛用のInspiron mini 12の欠点として、メモリの増設ができないというのがある。1ギガ固定というのは、このご時世、けっこう厳しいわけだ。
それでも、普通に使う分にはそれほど苦しい思いもしないで住んできた。ところが、人間だんだんと横着になってくるもので、ブラウザのタブを多数開きっぱなしで使うようになってきた。20個ぐらい開いているだろうか。Chromiumでそのくらい開いて、ついでにFirefoxも立ち上げてという運用でやっていると、たとえそれに並行して使っているのが単なるテキストエディタだとしても、がんがんスワップしまくり、イライラは極度に達してしまう。もちろんそんな使い方をするのがいけないのだ。けれど、自分にとって作業中のタブは開いておきたいし、どうせ作業が終われば二度と見ないのでブックマークなんかに入れたくはないしで、そういう横着なことになってしまう。
で、これではどうしようもないので、2日ほど、サブマシンのデスクトップ機に逃げていた。こちらもメモリは1Gしかないのだけれど、デュアルコアで処理が早いからほとんどストレスなく使える。ChromiumとFirefoxのプロフィールをコピーして持って行って、そっちで作業したらそれはそれなりに快適だった。続きを読む
posted by 松本 at 10:26| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする