2010年11月28日

HP Officejet 7210の不調

HPの複合機Officejet 7210をここ4年ほど愛用している。安物ではあったけれど、ちゃんとFAXの送受信もできる優れもの。オートフィーダーもついているし、まずは文句はなかった。Ubuntuとの相性もOK。
ところが、少し前からFAX送信の調子がおかしくなった。だいたいが、このネットの時代にFAXなんてめったに使わない。それでも受信しなければならないことはないわけではないが、送信する必要はほとんどない。せいぜい私用で使わねばならないことがある程度だ。
ところが、2ヶ月ほど前、「見積りをFAXしてください」というクライアントがあった。お安い御用とオートフィーダーに用紙をセットしたら、ものすごい音がしてエラーになる。どういう音かというと、「ビューン」と何かがフル回転するような音。このときは、「オートフィーダーが滑っているのかな?」と思ってフラットベッドからスキャナで読み込むような格好で送信した。そしてエラーのことは忘れてしまった。続きを読む
posted by 松本 at 11:58| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

GoogleのオンラインセミナーはLinuxお断り?

Googleが開催したオンラインセミナーというものに参加してみた。「参加にはこのリンクをクリック」みたいなことが書いてあるのでクリックしたら、「しばらくお待ちください。」のメッセージ。「開催時刻までまだちょっとあるからなあ」と思っていたのだけれど、いつまでたっても画面が変わらない。さてはと思って仮想環境のWindowsを立ち上げてみると、なんだ、専用のアプリがダウンロードされて参加画面になった。続きを読む
posted by 松本 at 09:17| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

Handbrakeで動画圧縮

昨日、DVDの不調でひと騒動あった件を書いたが、その後は順調だった。DVDには動画が4本入っていて、そのうち2本にまたがって必要な部分がある。これを取り出す必要があった。そこで、以前にインストールしたことはあったけれど本格的に使ったことはなかったHandbrakeを使ってみることにした。例によってSynapticパッケージマネージャからインストール。
Handbrakeは、たとえば手持ちの映画をiPhoneのようなモバイル端末用に変換したいときなんかに重宝されているアプリらしい。噂はよく聞いていた。基本的には、動画の変換ソフト。続きを読む
posted by 松本 at 16:53| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

DVDがマウントできなかった

妻が借りてきた映画があったのだが、私は見逃してしまった。DVDの返却を頼まれたのだが、悔しいので少しだけでもパソコンで見ようと思った。メインで使っているネットブックにはDVDドライブがないので、サブマシンのデスクトップ機を起動。ところが、この機械、DVDドライブに難がある。どういうわけかトレイが出てこない。何十回かに1回の割で正常に動作するという怪しいシロモノで、これまでも誤魔化しながら使ってきている。そして実際、今回もうまくトレイが開かない。さて、どうしようかと考えているところに、郵便でDVDが届いた。こちらは仕事だ。動画が入ったDVDを送ったという電話を昨日受けていたのだが、それにちがいない。映画どころではなくなった。
しかし、サブマシンのDVDドライブはさっきからやってるけれど使い物にならない。じゃあ、外付けのドライブを使うかと、先代のデスクトップ機を廃棄したときに回収しておいたDVDドライブを引っ張り出してきた。これを外付け用のケーブルでUSBにつなごうという算段。荒っぽいけれど、急な用にはこれで間に合わせてきている。
ところが、このドライブのDVDをサブマシンは認識しない。読み込んではいるようなのだが、ファイルを見ることはできない。VLCを立ち上げてメニューの「ディスクを開く」を選ぶと、見る予定だった映画のディスクなら再生はする。けれど、それだけ。仕事のDVDの方は、メニューは表示されるが、ちょっとバグっぽくて中身がよくわからないくなってしまっている。やっぱりファイルを見る必要がある。けれど、ファイルはどうやっても見えない。続きを読む
posted by 松本 at 13:40| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

本当は怖いSelf Control

Web中毒者向けのSelf Controlというアプリケーションがある。指定した時間だけ、指定したサイトやメールサーバーへのアクセスを禁止するもので、これを使うとたとえば1日に1時間以上はオンラインゲームをしないとか、2時間以上はTwitterに接続しないとか、夜中のメールは送らないとかいった自分ルールを強制的に実行できる。若干意志の弱い私には向いているかもしれない。
本来Mac用のアプリらしいのだけれど、Linux用の.debファイルもある。ということで、ダウンロードしようかと思って、手が止まった。いや、下手にインストールすると、仕事に差し支えるかもしれない。続きを読む
posted by 松本 at 13:14| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

Amazon MP3ダウンローダーを使ってみる

日本のAmazonでmp3のダウンロード購入ができるようになったというニュースがあった。これがどれほど画期的なことなのか、iTunesさえ利用していない私にはよくわからない。それでも、これだけ噂になっているので、釣られてちょっと覗きにいった。
行ってみると、とりあえず無料でダウンロードできるファイルがある。これを試してみようとカートに入れる。サインアウトするには、まずはアカウントでサインインしなければいけない。Amazonのアカウントはもっていたはず、と思ったら、通らない。おかしいと思ったら、これはUSのアカウントだった。改めてアカウントをつくって、サインインしてファイルをダウンロード。
ところがこのファイル、.amz形式のもので、mp3ではない。これは単なるダウンローダーで、専用のAmazon MP3ダウンロードというアプリケーションで開くようになっているらしい。そこで、Amazonのページから、「Amazon MP3ダウンローダーのインストール」をクリックすると、なんと、Linux用のアプリケーションのダウンロードページに移動したのには驚いた。続きを読む
posted by 松本 at 21:19| Comment(1) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Poulsboドライバの勘違い - サスペンド問題の解決

以前、MaverickでのInspiron mini 12のサスペンド問題 - 一応解決で、GMA500チップセット搭載のInspiron mini 12でMaverickを使ったときにサスペンドさせる回避方法がうまくいったと書いたが、実はこれはとんでもない勘違いがもとになっていたことがわかった。回避方法そのものは有効なのだけれど、そんなことをする必要はなかったわけだ。Wikiはよく読まなければいけない。
現在、この回避方法を元に戻して(つまりvbetoolをインストールし、uswsuspを完全削除した上で設定ファイルをコメントアウトし)、電源ボタンでサスペンドが有効になっている。もともとそうなっていたはずだったのだ。私がPPAの追加を間違えていたというお恥ずかしい次第。
Poulsboドライバは、開発中は、Lucazadeさんの個人リポジトリで提供されていた。そのリポジトリを追加していたので、Wikiの「PPAを追加します」という部分は飛ばし読みをしていた。ところが実際には、Poulsboドライバはその後、ppa:gma500/ppaから提供されるようになっていた。これに気づかず、ドライバのアップデートを受けていなかったわけだ。ドライバがアップデートされないので、いつまでたってもベータ版当時の機能のままだったわけだ。続きを読む
posted by 松本 at 09:51| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする