2010年10月28日

Unityではまり、iBusではまる

今日は、たいした収穫もなくUbuntuとの闘いに明け暮れてしまった。こういう日は余分なことに手を出してしまった自分が情けない。
最初はUnityだった。次期バージョンから採用になると言われる新しいUIのUnityについて、かおりんさんのブログでとりあげておられた。で、興味をもってしまった私は、とりあえずどんなものかを試してみようと思った。軽量だというし、スペックの低いネットブックで使っている私にはちょうどいいのではないかと思ったわけだ。
もうなにも考えずに、SynapticパッケージマネージャからUnityを探し出してインストール。ログアウトして、gdmから「Ubuntuネットブックエディション」(だったと思う)を選択して再ログイン。ところが、デスクトップがうまく表示されない。ゆっくりとした間隔で、再描画がいつまでも続く。点滅するようなデスクトップからFirefoxを立ち上げることはできたが、それ以上のことはなにもできなかった。
あとで調べてわかったのだけれど、Unityは3Dドライバを必要とする。ところがこのDell Inspiron mini 12は、例の「Poulsboの呪い」で、3Dドライバが動作しない。別段それで何の不自由もなく使っているから意識していなかったのだけれど、ここのところがトラップだったわけだ。続きを読む
posted by 松本 at 16:05| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする