2010年10月08日

MaverickではGdebiはデフォルトではない

私がUbuntuを使い始めた頃、最初につまづいたのがアプリケーションのインストールだった。ネットで探してきてダウンロードしてダブルクリックでインストーラーを走らせるというスタイルが通用しないのだ。Synapticパッケージマネージャでやればいいのだということが、なかなかわからなかった。
それというのも、当時は(というかいまでも)、アプリのインストールの解説ではコマンドが書いてあるだけ、というのが多いからだ。そもそも端末の意味もわからないような初心者には、これでは使えない。Synaptiのリスト(つまりはリポジトリ)にあるものだけが初心者に安全にインストールできる、そしてそのインストールは実はWindowsやMacよりも簡単で統一的に扱えるのだということが理解できるまで、だいぶ時間がかかった。
そして、たぶん使いはじめて1年ぐらいたって、実はリポジトリにないもののなかにも、WindowsやMacの流儀でインストールできるものがあることがわかってきた。それが.debファイルで公開されているものであり、ダブルクリックするとインストーラーが走る。このインストーラーがGdebiだというのは、もうちょっとあとになってわかった。続きを読む
posted by 松本 at 15:59| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする