2010年10月04日

Inspiron mini 12への10.10 Maverickインストール(続き)

前回、Inspiron mini 12へ無事Maverickをインストールできた顛末を書いた。最終的にこのマシンは、10.10と9.10のデュアルブートになっている。そして、10.10のgrubに問題があるため、9.10のgrubから起動するようになっている。言い方を変えれば、10.10以前のバージョンのものとデュアルブートにし、古い方のgrubで起動するようにさえすれば、Live CDからの起動みたいなややこしいことをしなくても10.10を利用できるということだ。
たとえば、完全なクリーンインストールをするとする。まず、10.10を普通にインストールする。再起動してもgrubには入れない。けれど、気にせずに、古いバージョンのUbuntuをインストールする。ひとつ前の10.04でいいだろう。この際、デュアルブートするようにパーティションを指定してやる。これで、再起動時にgrubが表示され、10.10が選択できる。そこから進めば、10.10を使うことができる。
ただし、この方法には問題がある。輝度調整や音量調整を有効にするには、/etc/default/grubにGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”quiet splash nolapic acpi_backlight=vendor”を加えて、端末からupdate-grubを実行する必要がある(詳細はこちら)。これが他のパーティションからのgrubには反映されないわけだ。それだけでなく、grubのメニューでも、常用したい10.10の方が下位に表示されることになる。これは面白くない。続きを読む
posted by 松本 at 17:24| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする