2010年06月15日

携帯電話騒動

Ubuntuなんぞをいじっている割には私は機械オンチで、洗濯機や掃除機のUIにさえとまどってしまう。まして携帯電話などは基本的な機能の電話とショートメール、カメラまでをどうにかこうにか使う程度で、それ以上のてんこ盛りの機能には触れたことさえない。たとえば二次元バーコードさえ読めないし、ウェブにアクセスもできない(だからパケット代がかからないのはいいのだけれど)。もちろんGPSだとか音楽プレーヤー、まして(私の携帯にはその機能はないけれど)ワンセグ視聴なんてもっての外という状態。
さて、そんな使い方だから「つながればいい」式の携帯で十分なのだけれど、その十分なはずの携帯の調子が悪くなった。最初のトラブルは半年ほど前で、突然カメラがピンボケするようになった。カメラ機能はもっぱら小学生の息子の写真を撮ることだけに使っていたので(なんという親バカ)、これが使えないのは痛かった。けれど、実用上は、通話がちゃんとできるからOK。
ところが、半月程前から急に、電池のもちがわるくなった。それまでは週1回の充電でOKだったのが、週半ばで1回継ぎ足さないともたなくなった。あれよあれよという間に、消耗するようになる。
ちょっとなあと思って電池の蓋を開けてみたら、今度は閉まらない。よく見てみると、電池がぷっくり膨らんでいる。これはちょっと怖い。ここにきて、急に「携帯買い換えなくちゃ」となった。続きを読む
posted by 松本 at 13:26| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする