2010年05月28日

PDFが太ってしまう

不思議なことではないのだが、PDF文書をInkscapeで編集すると、ファイルサイズが重くなる。その理由はいろいろあるのだろうけれど、いくつかは推測がつく。たとえば、OpenOfficeのPDFに書き出しのオプションからは(あるいはWindowsのPrimoとかその他のPDF作成ユーティリティからでも)、PDFを書き出すときに画像の圧縮オプションがある。Inkscapeにはこれがない。だから、単純に画像データ分だけでもサイズが大きくなる。
今日、5ページある英文PDF文書(中身は基本的に画像)を日本語化する作業があった。英語の部分を隠して日本語を貼り付ければいいので、割と単純な作業。Inkscapeでページごとに作業してやってからいつものようにPDF Shufflerで合体すればOKと思った。ところが、そうは問屋が卸さなかった。
まず、Inkscapeで修正した5枚のPDFファイルをPDF Shufflerで1つにまとめると、どういうわけか画像が一部分だけ拡大されて表示されてしまう。どういうエラーなのかわからないが、ここでだいぶと悩んだ。先日のScribusまで引っ張り出していろいろ試したが、うまくいかない。
結局、この部分は、PDF Shufflerでは解決がつかなかった。もうひとつのPDFのマージ・スプリット用のGUIであるPDF SAMがリポジトリにあるので、これをインストールすると、今度はうまく通った。どうもPDFのバージョン1.4というのがいけないような気がする。詳細はわからないがPDF SAMだとPDF 1.5で出力となっていたから、これが関係あるのかなと。
しかし、ここで冒頭に書いた太りすぎの問題が気になった。1ページや2ページなら別に気にしないのだけれど、画像で5ページのPDFが太ったら、相当に重くなる。いくらブロードバンドの時代といっても、やっぱり遠慮してしまう。どうにか元ファイル程度の大きさにできないものだろうか。元ファイルの3倍以上あるのだから。続きを読む
posted by 松本 at 22:59| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする