2010年05月22日

MozcとPoulsboのアップデート

SAWAさんのリポジトリで、Mozc(オープンソース版Google日本語入力)のアップデートがあったので、適用。いつもながらありがとうございます。今回のアップデートでは、Firefox上での入力中の注目文節表示の問題が解決されている。ということで、かおりんさんに教えてもらった回避方法は解除。だいぶと普通に使えるようになった。
ただ、このアップデートの際、うっかりと以前に自分で作成していたMozc用のアイコンをバックアップしておくのを忘れていた。ということで、せっかくつくったのが上書きされ、失われてしまった。まあ、失われて困るほどのものではない(SAWAさんのところで添付してくれている青いマルに「モ」の字と大差ないクォリティ)なので惜しくはないのだけれど、似たようなのを5分でつくったので、今度は失われないようにアップロードしておこう。これ。
product_icon1.png
元のGoogle日本語入力のアイコンの真似ではあるのだけれど、一応、ゼロから作り直しているので、それほど問題はないと思う。
そうこうするうちに、nampoさんのところでPSBドライバのアップデートがあったという情報をゲット。これまでのスクリプトではなく、PPAのリポジトリでの提供になったらしい。そこで、リポジトリを追加してSynapticのアップデートをかけると、アップデート可能なファイルと、新たに2dドライバ、3dドライバがリストに入っている。そこで、この2つにチェックを入れ、アップデートすべきものをすべてアップデート指定にして適用。すると、なにやらエラーが出る。かまわずに再起動すると、Xが起動しない。まあ、これはお約束と、セーフモードで入ってpsbカーネルの再構築をやるが、通らない。どこまでいってもXは起動しない。続きを読む
posted by 松本 at 12:20| Comment(5) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする