2010年05月28日

PDFが太ってしまう

不思議なことではないのだが、PDF文書をInkscapeで編集すると、ファイルサイズが重くなる。その理由はいろいろあるのだろうけれど、いくつかは推測がつく。たとえば、OpenOfficeのPDFに書き出しのオプションからは(あるいはWindowsのPrimoとかその他のPDF作成ユーティリティからでも)、PDFを書き出すときに画像の圧縮オプションがある。Inkscapeにはこれがない。だから、単純に画像データ分だけでもサイズが大きくなる。
今日、5ページある英文PDF文書(中身は基本的に画像)を日本語化する作業があった。英語の部分を隠して日本語を貼り付ければいいので、割と単純な作業。Inkscapeでページごとに作業してやってからいつものようにPDF Shufflerで合体すればOKと思った。ところが、そうは問屋が卸さなかった。
まず、Inkscapeで修正した5枚のPDFファイルをPDF Shufflerで1つにまとめると、どういうわけか画像が一部分だけ拡大されて表示されてしまう。どういうエラーなのかわからないが、ここでだいぶと悩んだ。先日のScribusまで引っ張り出していろいろ試したが、うまくいかない。
結局、この部分は、PDF Shufflerでは解決がつかなかった。もうひとつのPDFのマージ・スプリット用のGUIであるPDF SAMがリポジトリにあるので、これをインストールすると、今度はうまく通った。どうもPDFのバージョン1.4というのがいけないような気がする。詳細はわからないがPDF SAMだとPDF 1.5で出力となっていたから、これが関係あるのかなと。
しかし、ここで冒頭に書いた太りすぎの問題が気になった。1ページや2ページなら別に気にしないのだけれど、画像で5ページのPDFが太ったら、相当に重くなる。いくらブロードバンドの時代といっても、やっぱり遠慮してしまう。どうにか元ファイル程度の大きさにできないものだろうか。元ファイルの3倍以上あるのだから。続きを読む
posted by 松本 at 22:59| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

Mozcのアップデートで辞書追加可能に

昨日、「憩いの場」のSawaさんのところでMozcのアップデートがあったので、早速更新させてもらった。今回のパッケージでは、「Mozcの辞書管理」というGUIが提供されている。前回のアップデートからコマンドラインでの辞書追加は可能になっていたらしいのだが、やっぱり私のような者にはGUIは必須。
ということで、今回からようやくユーザー辞書の追加が可能になった。この辞書ツール、(私の遅い環境では)起動にひどく時間がかかる。壊れているのかと思った頃にようやくUI が立ち上がった。たぶん、Sawaさんのところのパッケージで同時に入る郵便番号辞書を読みに行くのに時間がかかっている。[追記:Sawaさんのコメントにより削除しました。原因は、私が自分で追加した郵便番号辞書でしょう。]
そして、このGUIもまだ発展途上の雰囲気。私のところでは、下向きのスクロールがうまく通らず、県別になった辞書の下の方の県が見えない。辞書の削除もできないようだ。まあ、順次改良されるだろう。ありがたい。続きを読む
posted by 松本 at 08:15| Comment(7) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

OpenOfficeとInkscapeとScribusと… 大騒ぎして印刷入稿

私はもともと編集屋であって、DTPの時代を現場の隅っこで過ごしてきた。だから端物の印刷データ作成なんてお手のもののはずなのだが、今回は久しぶりにそこで苦労したというお話。要は長いことやっていないから勘所を忘れていて恥ずかしいミスを繰り返したというだけなのだけれど。
まず、チラシを数十枚作成する必要があって、簡単なものなのでOpenOfficeのDrawでつくってしまおうと考えたのが発端。プリンタでの出力なら作るのは簡単な方がいいし、Drawなら複数ページを扱えるから、表裏両面のデータをまとめてつくってPDFに出力すればあっという間。ということで、この部分は何の問題もなく進行した。
問題が発生したのは、そもそもデザインがまずかったからだ。三折り仕上げのリーフレットなのだが、内側を白地、表側をグラデーションをつけたダークカラーという、いかにもありふれたものにしたのがいけなかった。濃い青地に白抜き文字は確かに映えるのだけれど、インクジェット・プリンタではインクが減ってたまらない。これではコスト的にちょっとなあという感じ。おまけに、時間はかかるし、仕上がりもいまひとつよろしくない。
ならば、オンデマンド印刷を使ったほうがいい。コスト的には数十部程度だと安くはならないけれど(たぶんプリンタなら1枚40円くらい、印刷だと50部の最安でその倍くらい)、手間やクォリティのことを考えたら発注するメリットは十分にある。
ということで、印刷入稿クォリティのデータを作らねばならないことになった。続きを読む
posted by 松本 at 16:29| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

MozcとPoulsboのアップデート

SAWAさんのリポジトリで、Mozc(オープンソース版Google日本語入力)のアップデートがあったので、適用。いつもながらありがとうございます。今回のアップデートでは、Firefox上での入力中の注目文節表示の問題が解決されている。ということで、かおりんさんに教えてもらった回避方法は解除。だいぶと普通に使えるようになった。
ただ、このアップデートの際、うっかりと以前に自分で作成していたMozc用のアイコンをバックアップしておくのを忘れていた。ということで、せっかくつくったのが上書きされ、失われてしまった。まあ、失われて困るほどのものではない(SAWAさんのところで添付してくれている青いマルに「モ」の字と大差ないクォリティ)なので惜しくはないのだけれど、似たようなのを5分でつくったので、今度は失われないようにアップロードしておこう。これ。
product_icon1.png
元のGoogle日本語入力のアイコンの真似ではあるのだけれど、一応、ゼロから作り直しているので、それほど問題はないと思う。
そうこうするうちに、nampoさんのところでPSBドライバのアップデートがあったという情報をゲット。これまでのスクリプトではなく、PPAのリポジトリでの提供になったらしい。そこで、リポジトリを追加してSynapticのアップデートをかけると、アップデート可能なファイルと、新たに2dドライバ、3dドライバがリストに入っている。そこで、この2つにチェックを入れ、アップデートすべきものをすべてアップデート指定にして適用。すると、なにやらエラーが出る。かまわずに再起動すると、Xが起動しない。まあ、これはお約束と、セーフモードで入ってpsbカーネルの再構築をやるが、通らない。どこまでいってもXは起動しない。続きを読む
posted by 松本 at 12:20| Comment(5) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

Wine-doorsを入れてみている

今回、10.04へのアップデートをクリーンインストールで行った関係で、いろいろと追加でインストールする必要が生じている。旧環境のSynapticパッケージマネージャから必要な情報をエクスポートして読み込ませ、一気にこれを行う方法もあるらしいが、私はそこまでの必要を感じないのでポチポチと入れている。というのも、「入れてみただけ」という余分なアプリが少なくないことがあるし、それに、必要になってから入れるにしてもSynapticから一発なので、何の不自由も感じないからだ。MacやWindowsだとそうはいかない。必要になってから慌てて検索してダウンロード元を探すなんて手間なことはやっていられないから。リポジトリという素晴らしい方式に感謝するばかりだ。
とはいえ、必ず必要になるアプリはインストール直後に入れておく。ThunderbirdやInkscapeはそういったものだし、今回からはGimpもその仲間入りをした。細かいところでは最近はPDF ShufflerやChoquokといったものが手許に欲しいし、OpenBoxやXfceまわりのパッケージも、愛用の変則デスクトップ環境のためには欠かせない。
そして、使いたくはないけれど商売上の必要から入れねばならないのが、Wineだ。Microsoftが無料で配布しているOffice用のビュワーや、古いバージョンでもうサポート切れだけれどまだまだ一部の機能を使いたいWordを動かさねばならないからだ。Wordは、もっぱら文字数のカウンタとして使っている。こればっかりは請求額に関係してくるので、世間標準に合わせなければならないわけだ。ちなみに文字数カウントに特化した無料アプリも公開されているのだけれど(やっぱりというか、開発元は翻訳エージェント。業界として必要なのだということがよくわかる)、Windowsでしか動かない.NETが必要なので、Wineでは動かない(動かす方法もありそうなのだけれど、今のところ私は成功していない)。ということで、もう実用上はとっくに退役のはずのWordを相変わらず引っ張り出すことになる。
ということでいつもはクリーンインストール後にすぐSynapticからwineを入れるのだけれど、今回は、wine-doorsを入れてみることにした。これはサイトからパッケージをダウンロードしてインストールする。噂では、こちらのほうが動くアプリが多いという話だから。Wineは新しいバージョンがインストールされるので、Synapticからは入れない方がいいらしい。続きを読む
posted by 松本 at 17:12| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

Mozcは進化中

あちこちの情報によると(私が知ったのはかおりんさんのところで、元ネタはこちら、その他こちらなど)、Google日本語入力であるMozcの設定ツールが公開されたらしい。例によってビルドしなければならない形だったのだが、そこは他力本願の私。「憩いの場」のSawaさんによるリポジトリには、ちゃんと追加されていた。もっとも、こちらにあったのは、GUIツールではなく、コマンドから設定するツール。アップデート後に、端末からmozc-configで起動する。
「憩いの場」さんによると、
Sawa May 17, 2010 @ 11:06pm
もうすぐMozc本体にアップデートがあるらしいので
(http://googlejapan.blogspot.com/2010/05/google-ver-01135410x.html)
その時一緒に mozc-config も更新します

ということなので、まだまだMozcは進化していくのだろう。既に実用レベルに達しているので、これからさらに使いやすくなるのは非常に楽しみだ。続きを読む
posted by 松本 at 08:51| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

LucidでFlash文字化けの謎

10.04 Lucid LynxでAdobeのFlash上の日本語(もちろん画像データではなくテキストデータのもの)が文字化けるというバグがあちこちで書かれてあった。たとえば私はかおりんさんのところのブログで読んだのだが、そのときはまだ9.10を使っていたので、「ふうん、そういうこともあるんだ」と思って、その後すっかり忘れていた。
それが、今日、ある動画を見たら、日本語字幕が入るべきところに□□□といった豆腐の行列。「これが噂のFlashの文字化けか」と、ようやく気づいた。そこで、かおりんさんのところの記述にあるとおり、/etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.confのDejavuフォントの優先度を下げてやった。。
ところが、再起動してみても、文字化けは治らない。おかしい。そこで、検索をかけると、最も簡単な対処方法は日本語チームのリポジトリを追加することだとわかった。続きを読む
posted by 松本 at 22:42| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

Google日本語入力の続報

一昨日から使い初めているGoogle日本語入力だが、調子がいいので昨日には10.04環境にもインストールして、その後快適に使っている。慣れてくると「やっぱりAnthyよりもいいな」というのが実感できる。誤変換があまりないので、入力メッソッドをあまり意識せずに使えている。
私は.debパッケージを「憩いの場」さんから頂いてインストールしたのだが、そちらの方で10.04用のリポジトリも用意されたということなので、まずは報告。Google日本語入力の他のパッケージも入っているようなので、アップデート時に気をつけないとAnthyあたりが変化してしまうらしいが、そりゃあリポジトリで提供していただいたほうが何かとありがたいことには違いないだろうと思う。詳細な記事はこちら
かおりんさんのところでは、WindowsでインストールしたGoogle日本語入力のユーザー辞書をUbuntu環境に移植する話が書かれてあった(こちら)。元ネタはどうもTwitterで流れていたものらしいのだが、あちこちのブログを読んでみると、うまくいったという話とうまくいかなかったという話の両方があるようだ。
あと、変換中に文字列が強調されないという問題を愚痴っていたのだけれど、どうもこれは私の誤認で、ブラウザ上での入力でのみ発生しているらしい。Firefoxに関しては、やはりかおりんさんが解決方法を書いておられるので、やってみた。うまくいっている。最近はChromeの方がよく使うので、ぜひChromeで解決したいと思うのだけれど、方法は未だ見つけられずにいる。
posted by 松本 at 13:41| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

10.04 Lucid LynxでGoogle日本語入力

でぶろぐさんで、GMA 500ドライバのインストールスクリプトが更新されているという情報をアップしていてくれていたので、その記載に従って10.04のPoulsboドライバを更新。実際のところ何が変わったのかはよくわからないのだけれど、これを機会に9.10環境から10.04環境に戻ることにした。
というのは、9.10環境でGoogle日本語入力を1日あまりつかってみて、非常に感触がよかったから、「これなら10.04で使っても問題はないだろう」と思ったからだ。そこで、ドライバ更新後に、例によって憩いの場さんのところから.debパッケージをもらってインストール。この際、サイト主Sawaさんのお勧めに従って、リポジトリ追加ではなく、.debパッケージのダウンロードでインストールを行った。
なお、こちらで「Google日本語入力用の郵便番号辞書配布中」ということだったので、そこからuser_dictionary.dbという辞書ファイルをもらって、 ~/.mozc/に置いてみたが、あまり変化は感じられない。郵便番号で住所の入力が可能になったようでもないし。このあたり、Linuxだからなのか、よくわからない。続きを読む
posted by 松本 at 21:08| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

Google日本語入力を試してみている

昨日、Google日本語入力がUbuntuで利用できるという一報を聞いた。ただし、ビルドしなければならないらしく、素人にはちょっとハードルがきつすぎる。そこで、しばらくは様子見をしようと思った(自分では手が出せないので、かおりんさんのところにネタを投下したりもしていた)。ところが、今朝になって憩いの場さんのところで.debファイルをアップしていていただいているのを知った。喜び勇んでサイトに掲載されていた手順に従ってインストールし、いま、Google日本語入力から書いている。しばらくようすを見てみるつもり。
実は、昨日から10.04環境で快適に過ごしてきたのだけれど、ちょっと実験的なことでもあるし、提供されているリポジトリが9.10用ということもあるので、9.10環境に戻ってインストールした。だから、せっかくの10.04環境を手に入れたのだけれど、あと数日は旧環境で使うことになりそう。そりゃあ10.04も魅力だけれど、入力メソッドも重要だから。
使ってみて好調なようだったら、10.04環境にもインストールしてみてもいいかもしれない。憩いの場さんのところには、9.10用のものでもOKらしいということも書いてあるので、やってみる価値はあるかもしれない。
ここまで書いてきて、違和感はないな。というか、結構いいかもしれない。細かい設定とか、これから見るつもり。
posted by 松本 at 10:17| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

Inspiron mini 12に10.04 Lucidをインストール

昨日、本家Ubuntuフォーラムの方でGMA 500(Poulsbo)ドライバの稼働に成功したという書き込みがあり、インストールスクリプトが公開された。そこで、喜び勇んでLucidへのアップグレードを行うことにした。
前回の(9.10への)アップグレードはクリーンインストールだったので、今回はそのままアップグレードしようと最初は思っていた。しかし、噂では(あくまで噂なので真偽は不明)今回のセールスポイントである高速起動が十分発揮されないらしいし、例のpsbドライバの導入にあたって古い設定をキレイにしておかないとうまくいかないようでもあるので、安全側をとってクリーンインストールをすることにした。torrentでisoイメージを落として、USBに起動ディスクの作成。同時進行で、データのバックアップ(Grsync使用)。
で、USBからの起動には、やたらと時間がかかる。これは非力なAtomマシンということと、やはりpsbのせいだろう。USBスティックの不調ではないかと疑い始めたころに、ようやく立ち上がった。Windows Vistaをデュアルブート用にインストールしてあったパーティションを潰して、ここに新規インストール。非力なマシンのせいで結構時間はかかった。
さて、再起動した感じは、「psbドライバ入れなくても使えるんじゃない?」。9.10までは間延びした画面がいかにも不細工だったし、動きも止まりがちだった。それが、解像度のミスマッチを感じさせないぐらいに美しく、滑らかに動く。しかし、そこで妥協してはならない。果敢に、psbのインストールスクリプトを実行。続きを読む
posted by 松本 at 11:21| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

GMA 500(Poulsbo)が10.04 Lucidで動くようです

こちらで暫定的なインストールスクリプトがアップされました。まだ人柱状態のようです。
http://ubuntuforums.org/showpost.php?p=9273006&postcount=683
いくつかTipsもあるようですので、この前後のポストも参照が必要でしょう。取り急ぎ。
●追記 こちらに詳しい記述がありました。うまく動いているそうです。
http://d.hatena.ne.jp/yhino/20100510/1273499808
posted by 松本 at 23:20| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

psb続報

先日の続きで、lucazadeさんが1日前にGMA500をうまく動かせるようにしたというエントリが上がっていた(こちらこちら)。「PPAにあげてくれ」という声もあったようだが、まだ作業中のようだ。あと少し、期待したい。
posted by 松本 at 15:43| Comment(1) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

psbドライバはもうじきか?

本家Ubuntuフォーラムのこちらによれば、有志(というかもっぱらlucazadeさんという方)が中心になってLucidでなんとかGMA500のドライバを動かそうとしてくれているらしいのだけれど、2時間ほど前のエントリ623番で、「30分だけ動作に成功」という書き込みがあった。結局Xがクラッシュしたらしいのだけれど、少しずつ進展しているようだ。
http://code.google.com/p/gma500/とかhttps://edge.launchpad.net/gma500といった関連ページも用意されているようだし、poulsboユーザーにLucidな夜明けは近いのかもしれない。
posted by 松本 at 22:48| Comment(1) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

PDF → pngの変換ツールを作ってもらった

前のエントリ「gsviewは玉砕」と、その前のエントリ「ghostscriptのGUIが欲しい」で、ghostscriptを利用した簡単なpdf→pngの変換ツールが見つからないと愚痴をこぼしていたら、かおりんさんが、一瞬で作ってくださった。いや、「一瞬」かどうかはわからない。たぶんそんな簡単なものではないのだろう。けれど、見つからなくてグダグダしていた素人の目からは、一瞬の早業に見える。いや、ほんと、ありがとうございました。
このプログラム、pythonで書かれた実行可能なスクリプトファイルで、アプリケーション名のpygsconvというのは、たぶんpythonで書かれたghostscript利用のconverterという意味だろう。
利用方法は至ってシンプルで、変換元のpdfファイルを選択し、変換先のファイル形式、解像度を指定、出力先のファイル名を指示どおりに指定すれば、複数ページのPDFがページごとに1枚ずつの画像ファイルに変換できる。ファイル形式は、pngのモノクロ形式と、pngのカラー形式、jpeg形式の3種類。解像度はデフォルトが150dpiで、任意に設定できる。実行ボタンを押すと、変換ファイルが得られる。
シンプルなだけに、上記のタスク一つしかできない。たぶんそのせいで、開発者であるかおりんさん自身が「正直、これの使い途がよく解ってないんですよ」とおっしゃっているのだと思うけれど、使い道は、単純に「pdfファイルの画像ファイルへの変換」。それも、1ページ単位なら他のツールで十分なので(GimpやInkscapeでも可能だし、場合によってはPDFビューワで画面に表示してコピー&ペーストでもOK)、複数ページあるPDFの画像化ということになる。
想定される用途としては、PDF文書として作成されたデータを直接HTMLで表示したい場合などが考えられる。通常は、PDF文書中のテキストをHTMLにして画像を配置すればOKなわけだが、テキストと画像のレイアウトが微妙で、そこを保持したままWebにアップしたい場合もある。そんなとき、PDF文書を文書内の画像とテキストを含めた形で画像化できれば、これをアップするだけでWebブラウザで閲覧ができる。
あるいは、PDF文書の配布先の環境の都合でフォントがうまく再現されない場合などにも、画像化は有効な方法になる。複数の画像ファイルを1つのPDF文書にまとめるアプリケーションは他にあるので、それを併用すれば(重くなって質は明らかに落ちるけれど)フォント環境に依存しないPDFを作成することもできる。ということで、現在私が抱えているちょっとしたタスクにとってはかなり重宝なアプリになる。たぶん、似たようなケースに遭遇する人も、数は多くはないにせよ、いらっしゃるのではないだろうか。
ということで、前置きが長くなったけれど、ダウンロードはこちら。http://dl.dropbox.com/u/1336728/pygsconv.tar.gz続きを読む
posted by 松本 at 18:28| Comment(2) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする