2010年04月30日

gsviewは玉砕

以前のエントリ(ghostscriptのGUIが欲しい)のコメント欄でCametanさんから教えていただいたgsviewを試そうとしてみた。これは、数多くあるPDFビューワの一つではあるけれど、ビットマップへの書き出しができる。ひょっとしたら、私が求めているPDFファイルを画像ファイルに変換する作業で使えるかもしれないわけである。
このgsviewは、オープンソースであり、Win、Mac、Linuxなど各種プラットフォームに対応しているとされている。ただし、Linuxに関してはコンパイル作業が必要になるという。私の場合はそれは困るのだが、幸いなことにFedoraの方でrpmが用意されているのをalienで変換すればUbuntuでも使えるという情報がフォーラムで掲載されているのを、Cametanさんが教えてくれたわけである。
ということで、まずはgsview-4.9-10.1.i386.rpmというファイルをダウンロード。次に、synapticパッケージマネージャからalienをインストール。alienのヘルプを見るとdebファイルを作成する方法が書いてあったので、alien -d ~/gsview-4.9-10.1.i386.rpmを実行。無事にdebファイルが生成されたので、これをダブルクリックしてインストール。メインメニューにgsviewが出現し、「お、意外に簡単じゃないか」と思ったのはここまで。続きを読む
posted by 松本 at 21:36| Comment(15) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする