2010年04月23日

ghostscriptのGUIが欲しい

先日、mjyさんにThunarのアクション設定の仕込み方を教えていただいたが、そもそも何でこんなことになったかと考えたら、本来コマンドラインの入力で使うべきimagemagickをGUIで使いたかったからだと気がついた。Thunarのアクションにしておけば、右クリックで操作が可能になる。こういったGUI的な操作の方が、「一文字間違えたらおしまい」という恐怖と闘いながら(大げさな!)コマンドを入力するよりも、私にとっては楽なわけだ。
さて、同じような画像系の操作を要するタスクが続いているのだけれど、今度はベクターデータ(テキストデータ)を含む複数ページのPDFをビットマップ画像に変換する作業が発生した。単ページであればPDFをGIMPで開くかInkscapeで開いて適当な解像度で書き出してやればいい。しかし、何十ページもあるものをひとつひとつ手作業でそんなことをするわけにいかない。
このような作業も、十徳ナイフであるimagemagickでできるらしいのだが、さらに調べていると、そのバックで動いているghostscript(gs)を直接使うのがいいということがわかった。たとえば、pages.pdfという30頁のPDF文書を解像度250dpiでpage_1.pngからpage_30.png、までの30枚のPNG形式の画像ファイルに書き出すコマンドは、次のようになる。
$ gs -dSAFER -dBATCH -dNOPAUSE -sDEVICE=pngmono -r250 -dTextAlphaBits=4 -dGraphicsAlphaBits=4 -dMaxStripSize=8192 -sOutputFile=page_%d.png pages.pdf

これは解説サイトにあったコマンドのほぼ丸写しなので、私自身が理解していない引数があったりする。例えばAlphaBitsはアンチエイリアスの設定らしいのだけれど、どの程度が適当なのかもわかっていない。ともかくも、とりあえず、このコマンドで目的は達成できた。
確かに慣れればこのくらいのことは何ということはないのかもしれないし、面倒ならプログラマはスクリプトを書くのだろう。スクリプトの中で使うのならば、テキストコマンドで操作するプログラムも悪くないのかもしれない。けれど、端末を開くことに躊躇を覚えるような私にとって、これから何度も発生することが予想されるこの作業を、すべてこのコマンドでこなしていくのは、ちょっとしたプレッシャーになる。GUIが欲しい。続きを読む
posted by 松本 at 08:37| Comment(9) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする