2009年12月31日

今年も今日が最後

1年を振り返るようなつもりもないのだけれど、昨日、このブログのバックアップをとった。WordPressのバックアップ機能が(たぶんサーバーとの相性の問題で)完全に動作しないので、原始的ではあるけれど、表示されるhtmlをダウンロードする方法。FirefoxのDownThemAllというアドオンを使えば、それほどの手間でもない(やっぱり多少の手間ではあるけれど)。これは、以前に「MacintoshでUbuntu」というブログから引っ越したときと同じ方法。
で、バックアップしてみると、記事が300近くある。よく書いたものだ。旧ブログで確か100ぐらい書いているから、通算で400ばかり。よくネタがもったものだと思うけれど、それだけトラブルに見舞われてきたということでもある。ということは、やっぱりUbuntuはまだまだなのか。
特に、今年5月から秋まで、記事が集中している。これは愛用のInsipiron mini 12を4月の末に買ったから。このネットブック、非常に気に入っているのだけれど、トラブルが多い。安物なりのトラブルということもあるけれど、大半はUbuntuとの相性の悪さ。「psbの呪い」である。おかげで毎日のように書いていた時期もあった。よかったのか、わるかったのか。
ともかくも、バックアップをとったのは、サーバー移転を考えているため。これは以前からずっと宿題になってきているのだけれど、商売で使っているメールサーバーがからんでくるので、なかなか動けなかった。年末年始の休業時期に一気にやってしまおうと考えたわけだ。
ところが、(少なくともメールサーバーはGoogleに移行しようと思っているのだけれど)、ドメイン管理の契約の問題でこれがうまくいかないことがこの期に及んで発覚した。やれやれ。またいろいろ手続きをしなければならない。こんなことは何年越しで取り組む問題じゃないはずなのになあ。
今年は商売がいまひとつ(というよりも最低最悪)でお金の面では苦労したけれど、まあ終わってみればそんなに悪い年でもなかったように思う。来年がもっといい年であればいいな。いや、きっとそうなる。根拠もなくそう信じておこう。
posted by 松本 at 08:55| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

Windowsからの乗り換えユーザーのための(?)辞書追加用記号

いぜん、こちらのブログにお邪魔したとき、丸付数字をAnthyのユーザー辞書に追加した記事があったので、「よかったら、登録した辞書を公開してもらうとか、できませんか?」と、厚かましいお願いをしていた。すると、いつの間にかちゃんと公開してくれている。お礼をいうタイミングも逃してしまった。おそらくWindowsならデフォルトで入っているような記号たちなので、乗り換えユーザーには便利かもしれない。備忘と紹介を兼ねて、書いておこう。
こちらの記事。使い方はそちらを参照。なお、沖縄人名・地名の追加用辞書もあるらしい。私にはとりあえず必要なさそうだけれど。
posted by 松本 at 17:03| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

LMMSのwikiサイトを見つけた

ここのところ音楽を触る精神的余裕がなくてサウンド関係のアプリもほとんどインストールしていないのだけれど、ちょっとしたことに便利なAudacityとLMMSは今後も使っていくだろうと思っている。Audacityは音ファイルの編集に絶大な威力を発揮するし、LMMSは軽いアイデアを曲の形にサラッとまとめるのに便利だ。本格的な打ち込みにはきっと物足りないところもあるのだろうけれど、使いやすさではこれがいちばんかなと思っている。三連符とか、どうやって入れたらいいのかわからないのがちょっと困るのだけれど。
ともかくも、そんなことがあるので、LMMSという言葉には目が行ってしまう。先日、何かのついでで、LMMSのwikiサイトがあることを見つけた。個人的な備忘として、書いておこう。こちらhttp://kotokoi.org/lmmswiki/index.php?FrontPage)。
Ubuntuの場合、アプリはあっても情報が少ない場合が結構あるので、こういうサイトは助かる。非公式だそうだけれど、別にそれで構わないし。
posted by 松本 at 12:20| Comment(2) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

カーネルアップデートの効果あり

昨日のエントリでpsbの再インストールの手間をかけてでもカーネルのアップデートをやったことを書いたが、その際、なんとなく改善しているような気がすると書いた。それが、ほんの少し使っただけではっきりと目に見えた。もちろん目に見えないところも改善しているだろうけれど。
それは、サスペンドから復帰したときの画面。9.10にしてからサスペンドからの復帰が非常に早くなったのはいいのだけれど、復帰直後のレンダリングがおかしく、「虹色」になる問題が発生していた。さらに、ポインタも消失している。いずれも少し使っていると解消するのだが(ポインタに関しては数十秒使うか、何かウィンドウを開けると戻るし、レンダリングはむしろ数分使わずに放置すると解決する)、うっとうしいことにはちがいなかった。
これが、カーネルアップデート後に解消している。ポインタの消失は相変わらずだけれど、これも復帰が早くなったように思う。これは嬉しい。
やっぱり、アップデートには面倒くさがらずに付き合っていくほうがいいようだ。
posted by 松本 at 14:51| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

またもカーネルアップデートでpsb再インストール

愛用のDell Inspiron mini 12を快適に使用するためにPPAから導入しているpsbドライバなのだが、以前、カーネルアップデートの際に無効になってしまい、再インストールをせねばならなくなったことを書いた。数日前、またカーネルアップデートが来ていたので、「やらなきゃな」と思っていたが、面倒なので延ばしていた。ようやく今日、アップデートしたら、案の定、またpsbが無効になってしまった。
ただ、以前より改善されたなと思う点がある。いったんアップデートを完了して再起動すると、前回はセーフモードでしか立ち上がらず、おまけにGUIがダメでコマンドでxorg.confを削除しなければGUIのログインができなかった。それが、今回は「低解像度でログインしますか?」と聞かれ、OKするとどうにかこうにかGUIでログイン可能。この違いは大きい。xorg.confを削除していないので、最後の一手間も省けるし。続きを読む
posted by 松本 at 17:05| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

wubiの弱点?

以前のエントリで、wubiでインストールした9.10を再起動したらwubiに入れなくなってしまったことをチラッと触れたが(もっともこの時は他のトラブルのついでみたいなものだったが)、実はwubiでインストールした9.10で再起動したら起動できなくなってしまうというトラブルは、11月半ばから末にかけて各所で頻発していたらしい。今週初めに妻のマシンでこの問題に遭遇してようやく気がついた。
詳細はよくわからないのだが、どうやらブートローダーのGRUBに自動アップデートが入り、これをアップデートするとGRUBのメニューリストが壊れてしまい、次回の起動時にGRUBのコマンドプロンプト画面より先に進めなくなる、ということだったようだ。ちなみに、もうこの事象は再現できないから、おそらく既に解決済みのことなのだろう。妻のパソコンで起こったことを、日本語のブログや英語のバグ報告などで見かけたから、けっこうこれで困った人は多かったのではないかと思う。
既に解決済みのことなのだからもうかまわないといえばかまわないのだけれど、ここはwubiの弱点ではないかと思う。つまり、通常、パーティションにインストールしたubuntuの場合、うまくブートできなくてもLive CDを利用すればどうにか解決することができる(Live CDの起動画面からHD内のシステムをブートする、Live CDで起動して本体のGRUBの設定ファイルを修正する、最悪、Live CDからデータを救出して再インストールするなど)。けれど、wubiの場合、そういう技が使えない。仮想HDファイルからブートできなければ、手も足も出ない。今回のアップデート事件のようにブートに失敗するようなトラブルが起こった場合、これはけっこうしんどいのではないだろうか。特に、wubiが入門者を想定して推奨されていることを考えたら、この弱点は大きい。
ともかくも、今回のように少なくともGRUBのコンソール画面まで進むことができれば、力技でブートする方法はある。似たようなトラブルが起こったときの備忘に、それを書いておこう。なお、この方法は基本的にはこちらの記述をもとにしている。
GRUBのプロンプト画面になったら、まず
linux /boot/vmlinuz-2.6.31-14-generic root=/dev/sda1 loop=/ubuntu/disks/root.disk ro

と入力して、リターン。ただし、この「sda1」は、ときによっては「sdb1」など、別の名前にもなることがある。これでエラーが出なければ、次に、
initrd /boot/initrd.img-2.6.31-14-generic

と入力してリターン。ここでもエラーが出ないことを確認してから、
boot

と入力してリターン。これで起動するはず。続きを読む
posted by 松本 at 21:13| Comment(4) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする