2009年03月31日

Virtual BoxとWine - Jaunty移行で問題なし

実のところJauntyへのアップグレードは非常にスムーズに進んだので、たいしてネタにもならない。前回Virtual Boxで少しトラブルがあったのでやや不安だったのだが、昨日必要があって起動してみたらすんなりと動く。バージョンが上がったのか(以前のバージョンを記憶していないので不正確だが)、「古いバージョンの設定ファイルを更新しますか」みたいなダイアログが出ただけ。OKすればそれっきり。
一方のWineの方は、何だか起動時にデスクトップの描画が一瞬おかしくなる。これは以前になかったことだと思う。バージョンアップでおかしなクセが出るようになったのだろうか。ちなみに、8.04のときにインストールしたIe4Linuxは、8.10のときもうまく動かなかったし、今回も同様。やっぱりこれは一から再インストールする必要があるのだろうな。
posted by 松本 at 21:36| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

Scribusが少し進化

ときどき気になってチェックしているレイアウトソフトのScribusだが、9.04 Jauntyになって見てみたら、バージョンが1.3.5と少し上がっている(以前は1.3.4だったと思う)。Aboutを見ると今年の1月末にリリースされているようなので、Jauntyから新バージョンがリポジトリに入ったのだろう。
一つ前のバージョンから日本語入力時の異常終了が少しマシになっていたようだが、今回のバージョンでは明らかな改善が見られる。インライン入力ができないのは非常に不自由だけれど、ほぼテキスト編集画面では日本語がきっちり扱えるようになったようだ。これは大きい。
もちろん、文字の入力(簡単な修正を含めて)にいちいちテキスト編集画面に入らなければならないのは辛い。縦書きやルビなど日本語の基本的レイアウト機能は相変わらずないし、だいたいが対応言語のリストに日本語は入っていないのだから、文字組の細かなところは無理だろうと思う。それでも、進歩は進歩。続きを読む
posted by 松本 at 14:57| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

Flashの不調と復活

Jauntyにアップグレードして半日、特にこれまで不具合は感じなかったのだが、今日、Youtubeで動画を見ようとしてFirefoxが落ちてしまうというトラブルに遭遇。やっぱり何らかの不具合はあるものだ。
こういう顕著なトラブルはどこかで誰かが報告しているだろうと思ってフォーラムを検索したが、それらしいものはない。あれ、おかしいなと思って記憶をたどってみたら、前回のアップグレードのとき、flashplugin-nonfreeが入っていなくてうまくいかなかったことを思い出した。今回、Synapticパッケージマネージャで見てやると、ちゃんと入っている。再インストールしても同じ。
けれど、どうも不具合はこの辺にありそうだ。前回、表示はされるのに音が出ないという不具合があったのは、設定ファイルにはインストールされているのにアプリケーションが入っていないという不整合が原因だったようだ。ということは、設定ファイルのExtentionが悪さをしているのかもしれない。場所は/home/~/.mozilla/extensionsということになる。
そこで、いったん.mozillaを退避させて(というか、私の場合、古い設定ファイルにリンクを貼っているのでそのリンクを切って)、Firefoxを起動すると、ちゃんとうまく再生。やっぱり古い設定ファイルが原因だったらしい。続きを読む
posted by 松本 at 13:47| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

9.04 jaunty Betaにアップグレード

もっぱらOpen Office 3.0を使いたいということだったのだが、早くJauntyにアップグレードしたくて仕方なかった。そこで、そのタイミングをベータリリースと決めていたのだが、本日、ベータ版が無事利用可能になっていた。
以前、6.06から6.10へのアップグレードでトラブルが発生して以来、アップグレードは新規インストールと決めてきたのだが、今回は久しぶりにパッケージマネージャ経由で既存のシステムの上にアップグレードをすることにした。数時間かかる作業中、「ファイルを置き換えますか」とか「不要なパッケージを削除しますか」とか、ちょっと怖いメッセージが出る。そういえば昔はこういうのにドキドキしたよなあと過去を懐かしみながら、基本的にはOKで通す。続きを読む
posted by 松本 at 21:19| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

FBReaderで読書

ときどき読んでいるブログで、場違いな「あしながおじさん」からの引用があった。そういえば子どものころに愛読したこの本、その後、読んでいない。どんな話だったかなあと思ったが、こういうときにネットの時代は便利である。Internet Archiveに行って検索してやると、著作権の切れた名作はたいてい見つかる。「あしながおじさん」も、もちろんあった。さっそくダウンロード。けれど、落としたファイルが読めない。あれ?
拡張子は.epub である。そこで、この拡張子をキーワードにsynapticパッケージマネージャを検索。すると、FBReaderというアプリケーションで読めることがわかった。これにチェックを入れてインストール。
ただ、インストール後にこのファイルをダブルクリックしても開かない。探すとアプリケーションメニューにE-book Readerという名前で入っていたので、ここからアプリケーションを起動。「Add File to Library」というアイコンをクリックしてダウンロードしたファイルを開くと、無事に読めた。続きを読む
posted by 松本 at 09:08| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

Evinceで面づけ

mhさんにコメントで再度ご教示頂いて、何とかUbuntuで中綴じ小冊子用の面づけができるようになった。わかってしまえば難しいことではないし、実際、mhさんがコメントで書いておられるように印刷設定の「ページを逆順にする」は比較的頻繁に使ってきてはいたのだ。けれど、印刷範囲指定で順序を指定するという小技は、まったく知らなかった。
手順は簡単。evinceの印刷ダイアログの下の方にある「範囲」で「指定する」のラジオボタンにチェックを入れ、ここで印刷したいページ順にカマで区切ってページ番号を入れる。たとえば、プリンタの両面印刷機能を使って12ページの中綴じ小冊子をつくるのであれば、ページ順は「12,1,2,11,10,3,4,9,8,5,6,7」となるはずだ。これで、残りの印刷設定をしておいてプリントすればそれでおしまい。特別な作業は不要。続きを読む
posted by 松本 at 10:18| Comment(2) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

Inspiron Mini 9の再値下げ

ここのところ、ネットブックの誘惑に抗しきれず、ずっと価格.comで低価格ノートを追っかけている。どんどん下がるので、かえってなかなか手が出せないというおかしなことになってしまっているが、またDellのInspiron Mini 9の価格が下がった。基本構成なら27,980円。さすがにこれは低スペックなのでメモリとSSDを少しだけ増設してやると3万5千円程度。昨日までの価格だから、これはおトクだろう。
迷ってしまうのは、4万円出せば12インチの方が買えてしまうこと。ここのところ仕事があんまり来ないからお金はないし、必要なのかといわれればとりあえずは困っていないので…。かえって困ってしまう値下げだなあ。
posted by 松本 at 10:32| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

Sun PDF Import機能拡張

先日、PDFファイルの操作を無理やりにWindowsアプリで処理した件を書いたら、mhさんからSun PDF Importを使ってみたらとサジェスチョンを頂いた。ただ、この機能拡張、OOoの3.0以降しか対応しない。そこでJaunty待ちとコメントを返したのだが、よくよく考えてみたら、Wine上で動作させるOpenOffice 3.0のWindows版なら以前にインストールしていた。そこで、これにこのSun PDF Import機能拡張が入らないかどうかやってみた。
まずは、機能拡張ファイルのダウンロード。こちらに発見。Windows版をダウンロードしておいて、WineからWindows版のOpenOffice 3.0を起動。「ツール」の「機能拡張マネージャ」からこの機能拡張ファイル(pdfimport.oxt)を読み込むと、機能拡張が組み込まれた。アプリ再起動の必要があったのかどうかはわからないが、よくわからないままにOOoを再起動。さて、どう使うのだろう。続きを読む
posted by 松本 at 12:32| Comment(3) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

WineでPDFファイル操作

中綴じ小冊子をつくるのに、先日来、苦労している。レイアウトソフトがあれば簡単なことなのだが、Ubuntuでそれに相当するScribusがいまひとつ日本語対応がよくないので、こういうことになっている。要はページの面づけをするだけなので、PDFファイルでページの順序を入れ替えてやればそれで十分。そこで、OpenOffeceでつけたレイアウトをPDF化して、さて、そのページ順を入れ替えようとするのだが、これがうまくいかない。
もちろん、ふつうのLinux使いならここでpdftkをサラサラッと操るのだろう。けれど、コマンドラインを打ち込むこのツールは、私には使いこなせない。そのフロントエンドらしいPDF Editorにはページ順入れ替えのGUIが見つからない。そこで、前回は仕方なく、ScribusにPDFを読み込んで面づけするという面倒なことをやった。面倒ではあるけれど確実で、これはこれで嫌な方法ではない。けれど、どういうわけかScribusは読み込んだPDFをPDFとして再出力するのを嫌うようで、エラーメッセージが出るし、それを無視して得られたファイルから印刷すると、文字がところどころダブって印字される。やっぱり何かエラーが内在しているのだろう。
むかしMacを使っていたときには、PDFを自由自在に操るいいフリーソフトがあった(もう名前も思い出せない)。そういうものが、どうもUbuntuでは見つからない。たぶん、pdftkをベースにGUIをつくればいいだけだろうと素人は思うのだが、誰もそういうものを提供してくれていないようだ。
そこでふと思いついたのが、Windowsの世界ではどうなっているのだろうということ。Windowsでいいのがあれば、Wineで動かせるかもしれない。続きを読む
posted by 松本 at 14:50| Comment(2) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする