2008年11月29日

Vlcとスリープの不調など

8.10にアップデートして以後、どうもスリープ(サスペンド)の調子がよくない。gnome-power-managerがいけないのかnautilusの問題なのか、パネル上の電源アイコンが死んでいることがよくある。こういうときはサスペンドにしても眠ってくれない。ただ、使い込んでいるうち、これはタイミングの問題で、しばらくすればちゃんと寝てくれることがわかってきた。どうも電源省エネルギーなのなかなんなのか、gnome-power-managerが一定周期でスリープするらしい。これはしばらくすれば起きてくれるので、(急いでスリープさせたいときには困るが)放っておけば正常に動作するようだ。
だが、Vlcを使うと(その他のアプリでもそういうのがあるのかもしれないが)、Vlcがスリープを遮断していますといったような感じのメッセージが出て、サスペンドに入れない。これはいくら放置しようが同じ。これでは困る。
以前、似たようなことではRythmboxを立ち上げたとき「サスペンドができません」みたいなメッセージが出ることがあった。他のアプリでもいくつかこういうのがあったと思う。演奏中に寝るなんて、確かに無理だろう。そして、これは、そのアプリの使用を中止すれば問題なくサスペンドできた。だから問題はなかったのだが、今回、Vlcは演奏を停止しようが、アプリその物を終了しようが、ダメだとメッセージが出る。なんだか使った回数分だけエラーが出る感じなので、どこかにバグがある様子。続きを読む


posted by 松本 at 13:56| Comment(4) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。