2008年11月20日

引越しに伴うWindows環境──WineとVirtual Box

今回の8.04から8.10へのアップグレードでは、なるべく以前の環境を引き継ぎたいということでホームフォルダの隠しファイルになっている設定ファイルをリンク(Mac流に言えばエイリアス、Windows流に言えばショートカット)を作ることで旧環境のものを流用した。gconfなどの設定ファイルはたぶんシステムのアップグレードに伴って流用しない方が安全だと思ったのでやらなかったが、ブラウザとメーラーは流用し、うまくいった。
GimpやOpenOfficeは特にカスタマイズもしていないのでそのままでいいと思ったが、ややこしいのはWineやVirtual Boxといった、滅多に使わないWindows環境だ。これはやはり、リンクを使って旧環境の設定をそのまま使うことにした。
そして、SynapticでWineやVirtual Boxをインストールし、さて、どうなるかとやってみた。結果は、Wineの場合、一度は旧環境でインストールしたMS Wordが立ち上がった。けれど、その後は立ち上がらなくなってしまっている。なんでだろう。
一方、Virtual Boxは、仮想ハードディスクが見つからないと文句を言われた。これは、再度指定し直してやることで無事に起動した。Windowsのインストールを一からやり直すのは面倒だから、これには助かった。続きを読む


posted by 松本 at 05:35| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。