2008年11月09日

8.10移行での小さな躓き

8.04から8.10へのアップグレードはほぼ難なく進行し、再び仕事モードの毎日が始まっている。基本的に大きな問題になるようなことはないし、まずは快調といえるのだが、それでもいくつか躓いたことがあった。
まず最初、動画や音楽ファイルの音声が再生されないことに気がついた。ちょうどオバマ大統領当選の翌日で、せっかくだから勝利演説でも聞こうと思ってYouTubeに行ったら、画面ではさかんに喋っているのが見えるのに、音は聞こえない。これには焦った。おまけに、それならとインストールしたVlcからも音が出ない。
最初、噂のPluse Audioの不調かなと思って、システム→設定→サウンドで、いろいろいじってみた。テストをやろうとしてみると、ここからまず音が鳴らなかったりする。いろいろ設定を変えたり再起動してみたりする中で、Vlcからは音が出るようになった。しかし、YouTubeはダメ。
思い立ってSynapticを開いてみると、flashplugin-nonfreeがインストールされていない。これをインストールすると、あっさりと音声が聞こえるようになった。いやあ、勝利演説では泣いてしまいました。よっ! 大統領!続きを読む


posted by 松本 at 04:43| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。