2008年11月06日

やっとUbuntu 8.10インストール──そして小さな失敗

8.10のリリースから少し時間がたってしまったが、ようやくメインマシンにインストール。ちょうどリリース前後にやたらと仕事が立て込んでいたからこのタイミングは仕方ない。本来ならベータ版あたりから入れてもよかったのだけれど。
例によって、アップグレードではなくクリーンインストール。ずいぶん古い話だが6.06から6.10へのアップグレードで失敗して以来、ずっとアップグレードはクリーンインストールで行ってきている。たぶんその必要もないのだろうけれど、そのほうが新たな機能がよくわかると思うし、古い設定を引きずらないので悩むことが少ないように思うのだ。前回はNetBootinでインストールしたけれど、今回はCDに焼いてブート。以前Windowsを入れていたパーティションが未使用になっていたので(Virtual Boxを使うようになったため)、そこにインストール。続きを読む


posted by 松本 at 14:25| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。