2008年07月29日

BartPEは失敗

Virtual BoxでPuppyやDSLなどの軽量Linuxを試していて、ふと思った。Windowsって、CDから起動できないんだろうか。PuppyやDSLは、基本仕様がLive CDからの起動で、必要なデータをHD上に作成したファイルに書き込んでいくというスタイルである。この利点は、CD上のシステムは変更を加えられないので、トラブルに強いこと(だと思う)。だとしたら、Windowsでも同じようにすれば以前のようにシステムに必要なファイルがなぜかなくなってしまうというようなトラブルは回避できるのではないだろうか。もちろん、こういった方法では追加のアプリケーションインストールなどはできないからメインで使うには問題だけれど、たまにWindows環境が欲しい、それもほとんど素のままで構わないというような場合なら、WindowsのLive CDというのは悪くないアイデアだろう。これをisoイメージにしておいてVirtual Boxで起動させれば、ある意味、無敵のWindows環境になるかもしれない。
そこで、そういうことができないのかどうかと調べてみたら、BartPEというソフトがあることがわかった。これを使えばWindows XPをCDから起動することができる。もちろんライセンスの問題があるからマシンにインストールしたWindowsとCDのWindowsを同時に使うことはご法度だろうが、もしもこれができたらHD上にWindowsを置いておく必要はなくなるから、その点では問題はないだろう。1台のマシンにもともとライセンスされたOSを、HDのかわりにCD(私の場合はCDのisoイメージ)にインストールするだけなのだから。続きを読む
posted by 松本 at 11:27| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする