2008年07月22日

DSLはいいのだけれど

Virtual Boxがうまく使えるようになったので、いろいろと試したくなった。Windowsだけでは物足りないから、いくつかLinuxのディストリビューションを起動してみた。Ubuntu(これはメインと同じだから特に意味はない)、Puppy4.0、DSLである。
最近あるアンケートで「Ubuntu以外のディストリビューションは使っていますか」とかいうのがあったのだが、これに対して私は「興味はあるけれど使っていない」と答えた。実際、Ubuntuで基本的な用は足りているし、実験するための余分のマシンも暇もない。メインのマシンでパーティションを切って実験しようと思ったこともあったが、リスキーなのに加えて、実験中は仕事が止まってしまう。これでは困る。
けれど、Virtual Boxなら、仕事をしながらバックグラウンドで起動してみることができる。特に今はメモリに余裕があるから、仕事に差し支えることはない。そこで、まずは軽量ディストリビューションを試してみようかということになったわけだ。続きを読む
posted by 松本 at 17:28| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする