2008年07月16日

Virtual Boxは使える

前回、Windowsを併用する環境としてVirtual Boxを採用したことを書いたが、使い始めてからさらに便利に使えることがわかった。それはGuest Additionsである。
Virtual Boxに限らず、仮想環境下でのゲストOSは、ホストOSのアプリケーション内で動いているので、基本的にはアプリケーションのウィンドウ内に表示される。もちろんもっとそれっぽいフルスクリーンモードのようなものも用意されていて、例えばQemuでもこれは可能。ただ、Qemuの場合、フルスクリーンモードで起動中はホストのUbuntuのアプリケーションには移動できないから、あんまりありがた味はない。
ともかくも、Virtual Boxの場合、ウィンドウ内のWindowsの解像度はデフォルトは800×600。 これはずいぶん小さく感じる。もちろん私のノートパソコンのスクリーン解像度である1024×768も選べるが、これを選ぶとUbuntuの上端のパネルとアプリケーション・ウィンドウの分だけはみ出してしまい、スクロールしなければ残りが見えないということになる。むかし使ったVirtual PCでは確か中途半端な大きさのウィンドウにも自動で合わせてくれたと思うが、Virtual BOXの使用を始めたとき、「これは我慢しなきゃいけないんだろうな」と思った。
ところがである。続きを読む
posted by 松本 at 22:05| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする