2008年07月14日

QemuでWindowsインストール

原因不明(少なくとも私にとっては)でデュアルブートのWindowsが壊れてしまった一件は先日書いた。たまたま、時を同じくしてメモリを増設して相当な余裕が生まれた。だったらこれを機会に仮想環境で仮想マシン上にWindowsをインストールしてやろうかと考えた。いちいちUbuntuを終了(あるいはハイバネート)してWindowsに行くのは、たとえそれが月に2、3回程度のことでしかないとはいえ、けっこう仕事に触るように感じてきていたことも、背中を押した。
仮想マシンにゲストOSをインストールするのは、古くはMac上でVirtual PCを使ってWindows XPをインストールした経験があるし、さらにMac上でSheepShaverを使ってOS 8.6をインストールしたこともある。Ubuntuに移ってからは、QemuでWindowsをインストールしてみたこともある。だいたいの感じはわかっているつもりだった。とにかく遅い。だが、それも大幅に余裕のあるメモリなら、きっとまた違って感じられるはず。続きを読む
posted by 松本 at 23:11| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモリの1Gは快適

前回、前々回とデュアルブートのWindowsのトラブルを書いたが、これと関係あるような、ないような話題。私のDell Inspiron 2200はオンボード256MBに256MBのメモリが刺さっているという構成だったのだが、この256MBのメモリを1Gに積み替えた。非常に快調である。
Windowsにまつわるトラブルに「関係がない」というのはメモリを発注したのがトラブルの起こる前で、メモリを換装したのはトラブルが起きた(解決せずに結局諦めた)後だったということである。つまり、メモリが欲しいと思ったのもメモリの換装自体も、Windowsとは関係がない。続きを読む
posted by 松本 at 15:43| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windowsなんて嫌いだ! その2

(前回から続く)さて、本当のトラブルは、その数日後に起こった。数日おきにWindowsを立ち上げねばならないというのは私には珍しいことなのだが、とにかく仕事上の都合でWindowsに入ろうとした。Ubuntuをハイバネートにしてシャットダウンしてから起動し、起動メニューでWindowsを選ぶ。ところが、立ち上がらない。「lsass.exeが見つかりません」とか、「DUSAPI.Dllが見つかりません」とか表示されている。あれれ?
しかたないので、いったんUbuntuに戻って、検索してやる。なぜかわからないが、他にもこういうエラーが出た人がいるらしい。本来このdusapi.dllというファイルは、Windows/system32の中に存在しているものらしい。UbuntuからWindows側のディスクを開いて探すと、確かにそういうファイルが失われている。ないから「見つからない」というのは、よしわかった。でも、なんで突然ファイルがなくなるの?続きを読む
posted by 松本 at 01:13| Comment(4) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする