2008年04月23日

Qt 4 Linguistで仕事

私はプログラム関係の知識が限りなくゼロに近い一般ビジネス系のパソコンユーザーであるが、世の中、Linuxを使っている人の多数派はプログラムの書ける人である。だから、Synapticパッケージマネージャで検索すると、大量のプログラム関係のアプリケーションが出てくる。こういったアプリケーションは、自分に縁のないものだと思ってきた。けれど、思わぬことからQt 4 Linuguistというプログラミング用のアプリケーションを使うことになった。
私の商売は翻訳だ。過去には文芸書から医学論文にいたるまで実に種々雑多な英語を日本語に変えてきた。パソコン関係ではWebサイトの翻訳もしたことがあるし、ほんのわずかだけ、アプリケーションのローカライゼーションの端っこで翻訳を手伝ったこともある。ただ、このときはテキストファイルで渡された原稿を、前後関係もわからずに機械的に日本語に変換しただけだった。単価も安かったし、いい仕事をしたとはお世辞にも言えない。メインはパソコンやプログラムとは関係のない文書類の翻訳だ。
けれど、そういった翻訳を発注してくれていたクライアントから、どういうわけかあるアプリケーションの翻訳を依頼された。来るものは断らないのを原則としているので受注することはしたが、どういう手順でやるのかさっぱりわからない。そのあたりを打ち合わせる中で、クライアントから送られてきたのがLinguistという翻訳用のアプリケーションだった。これを使って翻訳をするようにということらしい。続きを読む
posted by 松本 at 15:40| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする