2008年04月06日

Hardyベータの新規インストール

ということでUbuntuのHardyベータ版をUNetbootinでCDを焼かずに新規インストールしたわけだが、極めて調子がいい。以前α版からのアップデートで障害になっていたキーボードの認識、途中からおかしくなったサスペンド、デフォルトのくせに動作しなくなっていたRythmboxなどは新規インストールしたら問題なく動作するようになった。ということは、Hardyのプログラムではなく、設定ファイルが度重なるアップデートの中でおかしくなっていたということなのだろう。途中で消えたシステム・モニタやトラックパッドの設定メニューもちゃんと表示されるようになっている。やっぱり、アルファからベータ、あるいは正式版への移行には、いったん新規インストールすべきなのだろう。これは設定ファイルを書き換えれば済むことではあるらしいのだが、ブート時のgrubのメニューが煩雑過ぎるようになってしまっているのも整理されることだし。続きを読む
posted by 松本 at 22:47| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする