2007年12月04日

Systemaフォントは使える

昨日、2系列のフォント(Systemaフォントと梅フォント)をインストールしたことを報告したが、このうちSystemaフォントは気に入った。アプリケーション用のフォントに使うと大変見やすい。
昔、写研の書体でナールという系統があった。これは丸ゴシック体をもとに字面を大きくデフォルトしたもので、一時はかなり流行したものだ。その流れでよりゴシック体に近いゴナという系統が生まれ、これは見出し書体としてやはりかなり多用された。しかし、その後、書体の文字面が全体的に大きくなる傾向の中で、このあたりは結局、丸ゴシ系、ゴシック系に再吸収されたように思う。いまでは、あまりこのナールやゴナの直接の流れを思わせる書体はあまり見なくなったように思う。
けれど、このSystemaフォントは、懐かしいナール系の感触を思い出させてくれる。私は(画面を少しでも広く使いたいというケチな性分から)、アプリケーションやデスクトップの表示用のフォントはかなり小さくしている(8ポイントぐらい)。だから、こういった思い切ってはっきりとさせたデザインはありがたい。続きを読む
posted by 松本 at 18:54| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする