2007年12月25日

Hardy Heronその後 - 2

Hardy Heronにしてから、毎日のようにアップデートがある。年末だというのにご苦労様なことだ。
今日のアップデートにRythmboxが含まれていた。これは、アルファ1のインストール直後から一部のファイルを読み込まなくなっていた。この不具合が直ったかと、早速アップデート後に立ち上げてみた。すると、これまでに読み込めなかったファイルを読み込もうとしたところで、コーデックの追加を求められた。続きを読む
posted by 松本 at 15:58| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

Hardy Heronインストールその後

先日、Hardy Heronのアルファ版をインストールした。本来こちらに書くべき記事だったのだが、うっかりこっちのほうに書いてしまったので、詳細はそちらを。
で、以後の報告をこっちに改めてということで。とはいいながら、たいして書くことはない。それなりに調子がいいからだ。続きを読む
posted by 松本 at 11:24| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

iBookのハードディスクが壊れた

私の母親はもう70歳を越えるが、Macユーザーである。6年ばかり前に「パソコンを始めたい」と相談を受けたので、迷わずMacを勧めたのが始まりだ。当時、ネット接続ユーザーが急増していたことを背景に、ウィルスが猛威をふるっていた。そんな危ない環境に、年老いた母親を放り込むわけにはいかない。幸いMacの世界ではウィルス被害はほとんどなかったので、なによりも安全性ということでMacを奨めた。多少の互換性の問題は、この際、二の次だと思ったわけである。
その母親もMacは三代目。現在のiBookを使って丸3年。そろそろトラブルがあっても不思議ではない時期に差し掛かって、案の定、ハードディスクがクラッシュした。続きを読む
posted by 松本 at 21:36| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

HP Officejet 7210をUbuntuで

何度も同じことを書くけれど、私はファクスが嫌いだ。で、嫌いなファクスを多少でもスマートに処理したいということからFAXモデムの使用を以前に頑張ってみようとして失敗したことは書いた。失敗したのは私の技量が足りないからで仕方ないのだが、だからといってファクスがこなくなるわけではない。つなぎで使ってきた家庭用ファクス機は、どうもいろいろと不備がある。
おまけにプリンタもいい加減くたびれているし、スキャナだって手許に欲しい。ということで、ファクス機能つきの複合機を買うことにした。安いものだと2万円しないから。続きを読む
posted by 松本 at 22:44| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

PDF Editor

以前、PDFを扱うアプリケーションに適当なものがないと書いたが、その際、PDFeditというものを教えてもらった。そのときにはまだ7.04 Feistyを使っていたのだが、FeistyのリポジトリにはこのPDFeditはなく、Gutsyから。そこで、Gutsyへのアップグレード待ちとなった。
ところが、Gutsyにアップグレードしてからは、PDFをいじる機会がなかった。いや、なかったわけではなく、少なくとも1回はPDFファイルのページ順を入れ替えてやらねばならない作業があったのだが、これはページ順を入れ替えないまま入稿してしまうという大ミスをやらかし、最終的に仕上がりを手作業で入れ替えるというバカなことをやってしまった。そのほとぼりが冷めて、その後はPDFを扱う作業は入っていないのだが、反省から、いつでも使えるようにPDFeditを試しておこうと思った。続きを読む
posted by 松本 at 21:31| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

Systemaフォントは使える

昨日、2系列のフォント(Systemaフォントと梅フォント)をインストールしたことを報告したが、このうちSystemaフォントは気に入った。アプリケーション用のフォントに使うと大変見やすい。
昔、写研の書体でナールという系統があった。これは丸ゴシック体をもとに字面を大きくデフォルトしたもので、一時はかなり流行したものだ。その流れでよりゴシック体に近いゴナという系統が生まれ、これは見出し書体としてやはりかなり多用された。しかし、その後、書体の文字面が全体的に大きくなる傾向の中で、このあたりは結局、丸ゴシ系、ゴシック系に再吸収されたように思う。いまでは、あまりこのナールやゴナの直接の流れを思わせる書体はあまり見なくなったように思う。
けれど、このSystemaフォントは、懐かしいナール系の感触を思い出させてくれる。私は(画面を少しでも広く使いたいというケチな性分から)、アプリケーションやデスクトップの表示用のフォントはかなり小さくしている(8ポイントぐらい)。だから、こういった思い切ってはっきりとさせたデザインはありがたい。続きを読む
posted by 松本 at 18:54| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

フォントが増えた

以前にもこのブログでいくつかフリーのフォントを紹介したが、またフォントが2系列増えたので報告。
一般の人は、たぶんこんなふうにフォントを収集する趣味はないだろう。私の場合、元は編集屋ということで、どうしてもフォントには興味がある。グラフィックデザイナーぐらいまでいったら完全に商売道具だからフリーのフォントを探し回るというようなみみっちいことはしないはずだが、私の場合、基本的には書いてある内容が商売のネタであって、印刷は最後の出口。だから、フォントは欲しいけれど、わざわざ購入して揃える必要までは感じていない。だから、フォントの情報があれば飛びついてしまう。続きを読む
posted by 松本 at 20:44| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする