2007年11月29日

Fon接続の怪

現在自宅内無線LANとしてFonを使っている。7.04の頃にFonを導入して、その簡便さに驚いたことは以前に書いた。何の設定もしなくてもいきなりつながるのだから、これは凄い。ところが、7.10になって、家庭内のLANであるMyPlaceに接続できなくなった。公開LANであるFON_APにはつながるのでそちらで使ってきたのだが、どうも釈然としない思いでいた。
ところが、今朝、どういうわけだかMyPlaceに接続できた。続きを読む
posted by 松本 at 13:27| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

Evinceの文字化けが治った

原因もわからないし自分の作業との兼ね合いでそれほど困ったことも起こっていなかったのであえてこれまで書かなかったのだが、実は7.10にアップグレードしてから、デフォルトのPDFリーダーであるEvinceで一部の日本語表記が文字化けるという問題が発生していた。Evinceの文字化けは実はこれまでも経験しており、以前にこのブログで記事にもした。そのときにはAdobeのCmapとXpdfの追加インストールで解決したのだが、今度はそれでも一部のフォントが文字化けを続ける。理由は全く不明。続きを読む
posted by 松本 at 14:13| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モニタの故障が自然治癒?

実は、しばらく前からDell Inspiron 2200のモニタが故障していた。具体的には、モニタを縦5分割したとして、その左から2番めの縦帯が白っぽくなる。白っぽくなるだけで映らないわけではないから文字を入力したりWebを読むような作業には問題はないが、たとえば動画を見たり、あるいは画像を編集するような作業では、その部分の色調が変わるのであまり嬉しくない。最初はソフトの問題かと思っていたが、Windowsに移っても同じ現象が出るし、そもそも起動画面からしてこの縦縞が入るわけだから、やっぱりハードウェアの故障。いろいろネットを見ていたら、どうやらビデオカードの故障らしい。続きを読む
posted by 松本 at 12:00| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

アプリケーションメニューが消えたわけ

昨日、結局うまく動かなかったLunascapeをメインメニューから消そうとしたらメインメニューの表示そのものが消えてしまったトラブルのその後。いや、未だになぜだか、理由はわからない。理由はわからないけれど、/home/jun/.config/menus/applications.menuという設定ファイルの中身が空っぽになっていたからだということはわかった。だから、.config全体を捨てなくても、このファイルだけを作り直せばよかったと判明。それだけのことだけれど。
posted by 松本 at 10:53| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ブラウザ、ブラウザ、ブラウザ

特に必要というわけでもないのだが、7.04のときにWineでいちばんまともに動いたのがIEとFirefoxだったので、7.10でも「じゃ、インストールしておくか」と、以前にインストールを試みた。ところが、エクスプローラの方はies4linuxがうまく走らず、Firefoxは無事にインストールできたけれど、エラーで落ちまくるという結果になった。
それでしばらく放置していたのだが、ふと思い立ってies4linuxを最初からやり直したら、今度はエクスプローラがちゃんとインストールできた。どうやら、ダウンロードに失敗したファイルがあって、それが引っかかっていたらしい。ダウンロードファイルを削除してやり直したら問題無し。続きを読む
posted by 松本 at 14:33| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

いまごろになってAdobe Readerをインストール

特に不便を感じてこなかったのでこれまでPDFはEvinceを使ってきたのだが、やっぱり読めない文書があるので、アドビのリーダーをインストールすることにした。Adobeのサイトから直接ダウンロードするとドツボにはまった経験があるから、いったんUbuntu日本語版のリポジトリを入れて、acroreaderをsynapticでインストール。リポジトリはそのままでもいいとは思うのだが、とりあえず現状うまく使えているのにやたらとアップデートがかかるのも怖かったので、チェックを外しておく。続きを読む
posted by 松本 at 22:33| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Foxit Viewerもダメ

連敗中のPDF関連のソフト。いい加減もう止めておけばいいのにと思いながら、Foxit Viewerというのを見つけたのでダウンロードしてインストール。圧縮ファイルを展開すると、実行ファイルができるから、これをダブルクリックすると瞬間でビュワーが開いたのには感激した。早いじゃない。
ところが、早速適当なPDFファイルを開こうとしたら、同様に瞬間でこけてしまう。何かログファイルみたいなものだけ残るのだが、いずれにしても読めないことに変わりはない。これじゃだめだ。続きを読む
posted by 松本 at 13:33| Comment(2) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

Ubuntuで携帯認識

パソコンは長く使っているけれど、携帯電話というものに対してはどうしても抵抗が大きくて、長いこと避けてきた。けれど、やむを得ない事情から昨年あたりから使うようになっていた。最初の機種は京セラの結構おしゃれなもので、ゼロ円とはいえ、ずいぶんと気に入って使っていた。ところがこれを先日、道路の上に落として壊してしまった。泣く泣く機種変更をしたのだが、今度も型落ちのタダ同然のものということになった。なにせ貧乏ヒマなし人間だから。
この携帯、タダ同然とはいえ、私のような素人から見ればずいぶんと高機能だ。以前のようなおしゃれな工夫がなくて慣れないことから来る使いにくさがあるのは残念だが、まあそれは自業自得。むしろ長所に目を向けると、microSDカードを内蔵できて、データをそこに保存できる。USBケーブルも付属しているから、ちょっとしたカメラ代わりになるということだろうか。いや、分厚いマニュアルを見るともっといろいろな機能があるのだが、どうせ使いこなせないからいいや。
で、このUSBケーブルで携帯をUbuntuパソコンにつないでみたら、きっちりと外部記憶装置として認識したという、ただそれだけの話。でも、これって有り難い。以前の機種は、写真を撮ってもメール添付で送らない限りは取り出せなかったのだから。続きを読む
posted by 松本 at 21:29| Comment(0) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

Linuxの宣伝サイト

「宣伝」という言い方はおかしいのかもしれないけれど、私はUbuntuの宣伝のためと割り切ったブログ「あなたがUbuntuを使う100の理由」をもっている。というか、このブログ、満願成就でいちおう終わっているが、izaというサイト内で数千のブログ中のトップ100に入るなかなかの人気ブログになっている。宣伝で歯の浮いたようなことばかり書くのは嫌味なものだけれど、少しでもUbuntuユーザーが増えれば嬉しいから、まあ頑張って100のエントリーを書いた意味はあると思っている。
で、世界にはやっぱり私と同じようなことを考える人がいるもので、「Why Linux  is Better」というサイトを見つけた。ほとんど私の「100の理由」と同じような趣旨だけれど、イラストなんかもふんだんにあって、はっきりいってこっちの方が魅力的。筆者は開発コミュニティの人だから、私なんかよりもずっと説得力がある記事が書いてある。「こりゃあ、これが日本語化されたら面白いぞ」と思った。
で、考えてみたら、私の仕事は翻訳だ。それほど時間がかかりそうな作業でもないから、連絡をとって翻訳を引き受けることにした。その結果がようやくアップされたので、そのご報告。こちら(http://www.whylinuxisbetter.net/index_ja.php)にあります。是非御訪問を。続きを読む
posted by 松本 at 21:08| Comment(6) | 総記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

IPAフォントの不具合?

本当にIPAフォントの不具合なのか、再現テストをして確認したわけではないので、クェスチョンマークを付けておくのだが、ちょっと「おや?」と思うことがあった。7.04 Feisty FawnのときにOpenOffeceで作成した縦書きの文書があった。それを開いたら、句読点が変だ。これは、昔のMacで時代遅れのフォントを使ったり、あるいは現在でも縦書きに中途半端にしか対応していない外国製のワープロやレイアウトソフトなどを使ったときにたまに起こる問題なのだが、横書きの配置のままで句読点が縦書きに組み込まれる。これは、言葉で説明してもわかりにくい。それでもいちおう説明だけはすると、たとえば文末の「マル」は、横書きの場合、小さな○が全角のスペース(ボディ)の左下隅に来る。縦書きの場合、この同じ小さな○が、同じボディの右上隅に来なければならない。つまり、縦書きは単純に横書きの文字の流し込み方向を変えただけではなく、文字によってはその配置が異なってくるのである。いまはどのように処理しているのか不勉強で知らないが、大昔には縦書き用と横書き用ではフォントが異なっていたのを覚えている。句読点の他、括弧類、拗音・促音、罫線類などが縦横で扱いが異なってくる。今回、この問題が発生したわけだ。これは困った。続きを読む
posted by 松本 at 22:12| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする