2007年10月24日

スリープは改善、ハイバネートはダメ - 私のせいかもしれないが

Feistyのときには、スリープ(サスペンド)とハイバネートで苦労した。インストール直後の状態では、スリープもハイバネートも、それぞれ3回に1回ぐらいの確率でエラーを起こした。こんな信頼性の低いのではとても使えないと、いろいろ試して、ようやくハイバネートに関しては一応の解決をみた。スリープも、ある程度運用で乗り切れるようになった。けれど、ちょっと間違えるとエラーになってしまうので、スリープはほとんど使わず、もっぱらハイバネートで眠らせるという運用に落ち着いていた。
Gutsy Gibbonにアップグレードして、まず試してみたのがこのスリープとハイバネートだった。結果、スリープはほとんど問題なく動作する。ノートパソコンの蓋を閉めるとスリープし、蓋を開けると復帰する。iBookを使っていたときにはあまりに当たり前のことだと思っていたこれだけの動作が、ようやくトラブルなく行えるようになった。続きを読む
posted by 松本 at 21:36| Comment(0) | Ubuntuでの失敗・トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする