2007年10月02日

Fonその後 - やっぱりUbuntuが凄い

たまたま今日、デュアルブートにしているWindowsを立ち上げる機会があった。USB接続の無線LANアダプタを差し込んだまま再起動したわけだが、Windowsが立ち上がると、たしかに「新しいハードウェア」を検出はした。しかし、いろいろとダイアログに答えさせられた挙句に、適切なドライバがないということで使用不可。全く同じハードウェアでUbuntuだったら突っ込んだだけで自動認識したのに、この差はいったい何なんだという感じ。Linuxのドライバ対応が悪いなんて、誰が言った? Linuxは「劣化版Windows」だなんて、誰が言った? 少なくともこの無線LANアダプタに関しては、拍子抜けするほど簡単だったのはUbuntuのおかげだったということがこれではっきりした。続きを読む
posted by 松本 at 07:35| Comment(0) | Ubuntuのアプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする