2007年04月26日

7.04効果?

実際どうでもいいようなことなのだが、この1週間ほど、このブログのページビューが増えている。といっても100前後/日が200前後/日になっただけだからどこぞの有名サイトのアクセス数と比べればいずれも無視できる微量には違いないのだが。「終わりにする」と宣言してから逆にコンスタントに書くようになっていることが影響しているのでそれなりに以前よりもアクセス数は増えていたのだが、それがここにきて急激に延びて、安定している。これはどうも、Ubuntu7.04がリリースになって検索でたどり着くひとが増えているからではないかという気がする。振り返ってみれば、このブログはもともと、何も知らない状態でただインストールCDだけを頼りにスタートしたUbuntu上で「とりあえず何ができるか探ってみよう」ということからブラウザを立ち上げて、「あ、ブログが書けたよ! できるんじゃないの」という感覚で始めたものだ。だから、内容はなんでもよかったし、個人的なメモぐらいのつもりでもあった。それがなんだかだらだら続いている。別に意味なく始めたものだからどこにも宣伝せず、最初のうちはスパム系のアクセスばかりだった。それで構わないと思っていたら何時の間にかコメントくれるひとも出現し、検索でも多少はいいところにいくようになったのか、7.04効果まで現れてしまった。適当にやりすぎて、自分でも「あんまりだなあ」と思うところもあったから、仕切り直しのつもりで別ブログに移行と思って2月にそっちをスタートしたけれど、ネタにするつもりだったPCに移行できないので、そっちも中途半端。なんだかなあ。と、まあ今回はどうでもいいエントリーだけれど、もっとどうでもいいUbuntu対Vista対決をやってるひともいる。世の中、忙しいんだか暇なんだかわからない。私を含めて。しかし、母音の比率が多いからUbuntuの勝ちなんて、わけわからんよ。


posted by 松本 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。