2007年04月24日

軽いテキストエディタ

いままで空しく探しつづけているのは「機能の充実したテキストエディタもしくは軽いワープロ」なのだが、ちょっと趣向を変えて「軽いテキストエディタ」の話題。というのは、ちょっと現在やっている作業が、単なる文字入力(原稿書き)だからそれほどメモリを消費するものではないはずなのだが、いろいろな条件のせいか重たくなってきて、この500MHzのiBookの動きがもっさりしてきたからだ。それなら(私にとっては)中途半端に機能の多いgeditではなく、ほかのテキストエディタを試してみようかと考えた次第。テキストエディタとしては、以前にTeaとCreamが使えそうだという感触を得ていた。そこでそれぞれ試してみたのだが、結論からいうと、どちらもすこし使いにくかった。それぞれ他にない機能をもっているので特殊用途にはいいと思うが、単純に文字を書いていくだけだと、どうもいまひとつだ。というのはフォントの扱いで、特定のフォントの大きさにすると文字間がバラけてしまうというバグをもっているからだ。これでは滑らかな文章は書けはしない。テキストエディタは山ほどあるが、はっきりいって違いがわからない。それでも今回は「軽さ」にしぼって検索をかけると、Windowsの「ノートパッド」のようなテキストエディタとしてgnotepad、おそらくそのベースとなったgtkeditの2つが出てきた。上記のTeaにしろCreamにしろ、日本語化ができていないことからわかるように日本語に親切でないことが結局使用を敬遠する原因になった。gnotepadもgtkeditもかなり使い込まれたアプリケーションらしく、日本語化がしっかりできている。これはいいかもしれないと期待した。しかし、gtk2以前のgtkアプリケーションは、(少なくとも私の環境では)日本語入力のインライン変換ができない。文字も昔のMacintosh(9.xまで)みたいに(あるいはWinXPみたいに)、ジャギーがかかっている。これではちょっとねえ。最終的に試したのは、KDEデフォルトのKateとXfceデフォルトのMousepad。Kateは、非KDE環境のせいか重くてやっていられない。それに、KDE全般がそうなのか、どうも日本語にやさしくない。最終的に、もっともシンプルなMousepadに落ち着いた。このMousepad、できることはほとんどない。だからいままでバカにして使わなかったのだが、ひたすら文字を書いていくというだけなら、必要十分なことはしっかりできる。上記までに書いた不満、つまり日本語の表示に難があるとかインライン入力ができないとかいった問題がない。それが当然と思ってきたのだが、当然のことができるのがありがたい。そして、何よりも軽い。あっという間にファイルが開くのは本当にありがたい。ということで、「軽いテキストエディタ」ならマウスパッドで決まりでしょう。こういうのを必要とする機会はそう多くないけれど、覚えておくことにしよう。
(オマケ)先日、著作権延長のことを「胡散臭い」とかいたけれど、ちょっと方面は違うけど似たようなことを業界のひとが書いているのをみつけた。やっぱりねえ。


posted by 松本 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | MacintoshでUbuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。